OsmAnd 3.7.2および3.7.3対応非公式日本語案内音声更新(ただし旧形式の録音版のみ)

本当はjs版のTTS音声が完成してからアップロードするはずだったのですが
高速道路などの出口番号案内の新スクリプト周りが思った様に動作せず、しばらくどうにも出来そうにないので
旧形式の録音版案内音声のほうを更新しました。

と言ってもスクリプトなどは変更しておらず、音声として『紲星あかり』版が追加されただけです。
結月ゆかりの方が先だと思っていたんですけれどねぇ。

こちらから『OsmAndVoice_JP3.7.2-1.zip』をダウンロードし、jp-uo_akariフォルダをOsmAndのVoiceフォルダにコピーして設定から使用音声を変更すれば使うことが出来ます。

OsmAndのバージョンは3.7.2で確認を取りましたが、(さっきちょこっと確認した限りでは)3.7.3でも動きました。
Android版のみ対応で、iOS版はファイル管理構造が違うので使えません。



カラオケJOYSOUND for Nintendo Switchのレビュー

カラオケJOYSOUND for Nintendo Switch

UI.jpg

・操作性
WiiUのリモコンは見た目からして『キョクナビ』(DAMだとデンモク)なので、カラオケ店と同じような曲選択ができた。
それに対しSwitch版は、リモコンを片手で操作こそできるものの、文字入力はガラケーのそれに近く、WiiU版より入力には時間がかかるのがデメリット。

けれどスマートフォンやタブレット用アプリ『キョクナビJOYSOUND』を使えばカラオケ店同様、各利用者それぞれが自分の端末から曲検索や予約ができるのでWiiU版よりパワーアップしているとも取れる。
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.xing.spnavi
https://itunes.apple.com/jp/app/id502359087


カラオケ店のキョクナビやWiiUのタッチパネルは感圧式なので反応が遅かったが、スマートフォンやタブレットは静電容量方式なので、WiiUやカラオケ店の端末よりもスムーズに操作可能な点がメリット。
むしろカラオケ店で『キョクナビJOYSOUND』を使うときより曲転送などの反応が早い、何故だ?

・背景画面
選択可能なのは以下の4種類
カラオケムービー(よくある実写映像やCGなど歌詞に応じた動画が流れるタイプ)
Miiステージ(Miiが任意のステージで踊るタイプ)
スペシャルムービー(ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド、ゼノブレイド2、スプラトゥーン2などSwitch用ゲーム動画)
ビジュアライザー(音に合わせてCGが生成される以下の画像のようなタイプ)
カラオケ.jpg
残念ながらWiiUにあったSDカード内の画像を背景として再生する機能はなくなってしまった。
SDカード内にその楽曲と関係のある画像を事前に入れておき、表示されることで盛り上がれなくなってしまったのは残念。

・値段
3時間330円、24時間550円、30日1540円、90日3080円で歌い放題となっている。
チケット代はWii版より値上がりしたが、消費税増税や今まで10年近く変わらなかったことを考えれば致し方ないだろう。
たまに無料開放デーや割引(90日2200円とか)がある点は嬉しい。

・採点
マシンスペックが上がったことで、こぶし、しゃくり、ビブラートなどの反映が良くなったように感じる。
だが適当に歌っても80点を超えることが多く、以前より採点基準が甘めになっているようにも感じた。
逆に音程だけで90点を超えることが難しくなっているようにも感じたので、良し悪しは人によって違うかもしれない。

採点.jpg

・対応マイク
USB接続なら大抵のマイクが使える(と予想される)、WiiやWiiUで使っていたものを使い回すことが可能。
初期Wii用の白いマイクも使えた。

・配信
昔に比べると最新曲の配信が遅くなったような気がする。
かつてはCD発売の翌日には登録されていたが、
今では家庭用だけ1ヶ月遅れることがしばしばある……ような気がするだけでもしかしたら勘違いかもしれない。
それと配信されたと思ったら数日後に無かったことになったり。
歌えるのだけれど、アプリ側でグレーアウト表示される曲(=家庭用には配信していないよ)がある。
直近では『ハナビラ音頭』がそれで、普通に検索すると出ず、アプリ上ではグレーアウト、
りれきからたどると歌うことはできるという妙な状態。

カラオケ非対応.jpg
歌える不思議.jpg


■まとめ
機能的にはWiiUのほうが多機能だが、今後はWiiUのサービスが先細りしていくし
曲の検索しやすさは個々にスマホやタブレットが使えるSwitch版が勝る。
(PS4のJOYSOUND.TVは論外)

ちなみに携帯モードではUSBマイクがさせないので、USB端子のあるNintendo Switchドックと接続しないとカラオケは機能しない。
ドックと接続できない、持ち運び専用のNintendo Switch Liteではカラオケは無理だろう。

ずんだをキメたくなったので、格安冷凍枝豆でずんだ餡を作った

「ずんだ餅食べたい…というかずんだキメたい!
だが近場のスーパーでは、お彼岸などおはぎやぼたもちの季節でないと
ずんだ餅(ずんだ餡のおはぎ)は売られない。

業務スーパーの冷凍食品なら
『冷凍ずんだ餅 1kg』が売られているけれど
同じシリーズの『冷凍ごまだれ餅 1kg』にくらべると枝豆の風味が薄くて
ずんだ餡特有のパンチがなく、肝心のずんだキメた感が得られない。

楽天市場で売られているずんだ餡の安いヤツは白餡が混ぜられていて、こちらもずんだ感が薄いとのこと。

送料含めて2000円前後出せるなら、本場のまともなずんだ餅が食べられるが、さすがにその値段だと躊躇してしまう。

「無いなら作ればイイんじゃね?」
業務スーパーには500g187円の冷凍むき枝豆があったので、レシピを参考に作ってみることにした。
01-zunda.jpg

参考にしたのはここここここ

2020-03-02追加画像、ずんだ01.jpg

沸騰したお湯に塩ひとつまみ入れて枝豆を投入し解凍。
たっぷりの水を入れたボールに移し、豆をこすりながら薄皮をむき、水に浮いた薄皮を取りのぞく。
むき終わったらしっかり水を切ってからすり鉢に移す。
02-zunda.jpg

枝豆の薄皮をむき忘れるとゴリゴリとした食感になり、美味しくならないと
迷作アニメ『ずんだホライずん』でも語られていた(?)ので
今回は薄皮を丁寧にむき、すり鉢で愛情込めてつぶす方法で製作。
(あとで皮付きのものをフードプロセッサーで作って比較実験する予定)

冷凍なので完成時の風味が劣るかな?と思っていたけれど、実際につぶす段階では枝豆の良い香りがただよい「これはイけそうだ」と確信。
03-zunda.jpg

さまして薄皮をむいた枝豆重量の30%の重さの砂糖を鍋に入れる。
20cc程度の水で溶かして、弱火に掛けながらつぶした枝豆を投入。
蜂蜜や水あめを入れると照りが出て見た目も良くなるとのことなので、蜂蜜を大さじ一杯程度投入。
焦げないようにマメに混ぜながら水分を飛ばす。
水っぽさを感じなくなるまでチビチビ味見しながら加熱。

04-zunda.jpg
500g187円の冷凍むき枝豆ながらもしっかりと枝豆の味がする、格安ながら満足度の高いずんだ餡の完成。

スプーンいっぱい食べればバッチリずんだキメた感が味わえるので
ずんだジャンキーの東北ずん子もこれにはニッコリするに違いない。
\(ず・ω・だ)/


※2020年3月2日追記

ずんだ餡を薄皮をむかずに作ってみた。
すり鉢で切りつぶすのは無理なのでフードプロセッサーを使った。
それ以外はほぼ前回と同じ。

ずんだ02.jpg

結果…ざらざらした非常に食感の悪いずんだ餡ができた。
風味や味は悪くない、だが決定的に食感が悪い。
そのまま食べたり、東北ずん子の太もものようなモチモチしたお団子や煮餅につけて食べるには相性が悪い。

ずんだ03.jpg

カリカリに焼いたトーストに乗せて食べればさほど気にならないが
焼いてない食パンややわらかいパンとは相性が悪そう。

ずんだ04.jpg

もやしのひげ根や芽を取る同様、手間掛けたほうが美味しいね。

でも冷蔵庫で冷やして食感が固くなったらざらざら感はさほど気にならなくなった。
この辺も冷たくなったもやし同様で、食べ方次第に感じた。

通販に頼らなくても、手軽にずんちゃん…ずんだ餅が食べられると分かったので満足。

Thunderbirdでフィルターに正規表現が使えるプラグイン『FiltaQuilla』の自分用覚え書き(という名目の解説)

Thunderbirdでフィルターに正規表現が使えるプラグイン『FiltaQuilla』は
正規表現を使ってフィルターで複数条件にマッチする便利な記述が出来るのだけれど
[Subject Regex Match]の件名は直感的に使えるけれど、[Header Regex Match]のルールが不明という困ったちゃん。

まぁ調べれば件名や送信者とマッチさせかたぐらいは色んな人がブログなどに覚え書きしているので問題ない。
けれどそれ以外のものについては公式サイトにすら書かれていないようで…。

仕方がないので以下のワードを一つずつ総当たりで調べてリストアップしてみた。
Header Regex Matchで使えるのは以下のもの、ただしすべてが判明したわけではない。
“subject”, “sender”, “message-id”, “references”, “recipients”, “date”, “size”, “flags”, “priority”,
“label”, “statusOfset”, “ccList”, “bccList”,
“msgThreadId”, “threadFlags”, “threadId”, “threadSubject”, “msgCharSet”, “threadParent”,
“junkscore”, “junkpercent”, “junkscoreorigin”, “threadNewestMsgDate”,
“msgOffset”, “offlineMsgSize”
FiltaQuilla公式サイトより引用
http://quickfilters.mozdev.org/filtaquilla.html


オチを先に言っておくと『Header Regex Match』と書かれているけれど
参照しているのは各メールのヘッダーではなく、Thunderbirdのヘッダー情報などが納められている引数を調べている模様。

以下のサイトを見たらリストアップしてあった引数一覧が上のものと合致したのでほぼ間違いないと思われる。
Thunderbirdの要約ファイルやアドレス帳ファイルの内容を読む方法
https://www.clear-code.com/blog/2014/5/21.html


しかも一部を除いてぱっと見で分からない数値に置き換えて格納されているものもあるから…そりゃマッチしないわけだよ。
(´・ω・` )

以下がFiltaQuillaのHeader Regex Matchで使えるキーワード一覧と、その対応メールヘッダー
・subject
Subject
件名、Subject Regex Matchを使えば『subject:~~』と指定しなくて良いので楽。

・sender
From
送信者はSenderってヘッダーもあるけれどFromのみ参照

・message-id
Message-ID

・references
References
Message-IDをベースにした返信履歴(関連メール)の確定やスレッド表示使う

・recipients
To
いわゆる宛先

・date
Dateと思われるがマッチせず。
https://www.clear-code.com/blog/2014/5/21.html
上記サイトを見ると実際の格納値は"date": "53607898"なっており
ぱっと見でUnixtimeとも違うし…なんだこれ?
>2020/02/19 17:48:37
>Wed, 19 Feb 2020 08:48:37
故に上記のような一般的表記や、ヘッダーに記述されているような書式ではマッチしない。

・size
Content-Lengthだと思われるが未確定
Content-Dispositionのsize=ともマッチしない。
メール容量(ボディの実態サイズ)を示すらしいが一部のメールサーバー以外は付与しないらしい。
参考にしたサイトを見るに"size": "43c"とあるので、16進数で格納しているものと思われる。

・flags
不明
Content-Typeではない

・priority
X-Priority
送信優先度で3を通常として1(高)~5(低)で示す…のだが実際のヘッダーに記載されている数字と逆に
priority:6なら1が、5なら2が、4なら3が、3なら4が、2で5が、1でX-Priorityの項目のないメールがマッチする。
priority:[3-6]ならX-Priority:1~4までがマッチする…Thunderbirdはなんでこんな方法で格納しているんだ?
MS製品オリジナルのX-Msmail-Priorityは参照しなかった。

・label
不明
Thunderbird 1.5で廃止されている?

・statusOfset
不明
status Offsetなのか、status of setなのかアドオン作者も分からない様子、スペルミスではない模様。
参考サイトを見ても数値の意味は分からず。

・ccList
cc

・bccList
bcc
メール送信後にはBCCは消えるはずだが、ソフト側の仕様やバグでヘッダー内に情報が残る場合もある模様。
例としてはX-MS-Exchange-CrossPremises-BCCがあるがこちらは参照されず。

・msgThreadId
不明
Thread(スレッド)と書かれているヤツはおそらくメールをスレッド表示するために必要な
References関連の文字列を検索するためのものと思ったのだが、参考サイトでは352と短い数字だったから多分違う。

・threadFlags
不明

・threadId
不明

・threadSubject
不明

・msgCharSet
charset=
大小文字を区別する仕様なのでcharset=iso-2022-jpとcharset=ISO-2022-JPを同一視するなら
『/iso-2022-jp/i』と両端をスラッシュで囲ってiで大小文字を無視するよう正規表現で設定する。

・threadParent
不明

・junkscore
不明
0または100で評価するらしい。引数がなければ0なのかな?

・junkpercent
不明

・junkscoreorigin
不明

・threadNewestMsgDate
不明

・msgOffset
不明

・offlineMsgSize
不明
オフライン時(リモートコンテンツを含まない)メール本文容量と思われるが指定方法不明。
Content-Lengthともマッチせず。
参考にしたサイトを見るに"offlineMsgSize": "38d"とあるので、こちらも16進数で格納しているものと思われる。


・上のリストの使い方
例えばメールのFrom(送信者)ヘッダーにあるhogehoge123.comやhogehoge777.comなどの『hogehoge(任意の数字3桁).com』をHeader Regex Matchでマッチさせたいなら
上記の中のsenderを使って『sender:hogehoge¥d{3}¥.com.』というふうに指定する。
Header Regex Match.png


実際のヘッダーと格納数値がどう結びつくのかが非常に分かりづらく
今の知識量では対応表を作るのは難しそうなので、これで一旦終了とする。

マッチしない理由がはっきりしたので満足。
とりあえず迷惑メールや不要な広告メールを正規表現フィルターで振り分けできる程度に理解できたのでOKとする。

iOS版OsmAndアプリ翻訳完了のお知らせ

ぶいちゅっば!

OsmAnd(カーナビアプリ)iOS版の日本語翻訳がおおむね終わった。
翻訳が反映されるのはおそらく次のメジャーアップデート時だと思われるが
iOS版はAndroidと違って反映が早いといいね(希望的観測)

iOS.jpg

翻訳到達度が96%前後なのは、FacebookとかOsmAndとかWikipediaなど原語の固有名詞で翻訳の必要性が薄いものとか
~of~だけで訳しようがないとか、セール情報とか訳すための文字列が足りなすぎるものとか
そういったものが5%程度あるので100%には届かず。

Android版はかつて原語が空欄になっているものがあった所為で、どうやっても100%にならないという例もあったので。
iOS版も96%翻訳されていれば、普通に使う分には問題ないと思われる。

Android版も気になった部分をちょこちょこ直した。

OsmAndの日本語音声とアプリの日本語翻訳に関するお話

無料版のOsmAndと有料版のOsmAnd+のバージョンが3.5.3に上がっていますが、音声案内用言語ファイルに変更はないため3.3.3用のものがそのまま使えます。

3.4.xから3.5.xにバージョンが上がった際に設定画面他UI(ユーザーインターフェイス)が大きく変更になり、言語リソースにも大きく手が入りました。

アプリ側もNightly buildで変な訳や誤訳の部分を確認しながら修正しましたが、Google Playなどに公開されている正式アップデートではメジャーバージョンアップしないと修正した翻訳部分が反映されないため、バージョン3.x.xの間は反映されずバージョン、4.x.x以降にならないと反映されないと思われます。

OsmAnd翻訳と未翻訳例01.jpg

OsmAnd翻訳と未翻訳例02.jpg

(今までもそうで、先日3.4.xから3.5.xに上がった際もそうだったので…)

アプリ側のOsmAnd日本語化進行状況

まず、こちらが公式最新版のバージョン3.4.8の各種設定画面
OsmAndOld設定画面_B.jpg

こちらがBeta版ビルドのバージョン3.5.0各種設定画面となっています。
OsmAndNew設定画面_B.jpg

OsmAndアプリも増設改築で設定画面がゴチャゴチャしてきたから、わかりやすく構築し直すこと自体には賛成なんですけれどね。
翻訳するには一旦アプリを起動して、その用語がどういった状況下で使われるかも実際に試してみないと、適した翻訳ができないわけです。

機械翻訳でもいいんだけれど、元々自分が使いやすいようにカーナビとしてわかりやすさを第一に意訳も行っているので、最新版も実際に色々いじってみないと適した翻訳が出来ないわけなっているのです。

無料版に表示される広告なども開発者用プラグインで再現できるので、
「音声とアプリの翻訳チェックは有料版のOsmAnd+だけでもいいかなぁ」と思っていたのだけれどそうはいかなかったというオチです。

なんでわざわざそんなことをブログで公言するかというと、私基本怠け者なので公言して誰かの視線があるかもしれない…と思わないと日本語訳のモチベーションが保ちづらいのです。

まぁこんなへんぴな個人ブログ見ている人は少ないと思いますけれど!

ゲームを堪能

ゼノブレイド2_A.jpg
ゼノブレイド2_B.jpg
いつかやろうと思っていてソフトだけ先に確保していた『ゼノブレイド2』のゲーム本編や出来はもちろん、キャラクターモデリングも堪能してニヤニヤ。(ゼノブレイドクロスの時も似たようなことやってたなぁ…)

Borderlands3_B.jpg
Borderlands3_A.jpg
玄人志向の18,000円のRadeon 590のオマケでもらった『ボーダーランズ3』を「あー…この世界はやっぱりイかれてるわぁ」と当時を思い出し。

カラオケ_A.jpg
カラオケ_B.jpg
新しい家庭用カラオケの『カラオケJOYSOUND for Nintendo Switch』の1ヶ月チケットを買って(レビュー用に)色々試しながら歌ってみたり。

まぁゼノブレイド2が本命で、後は息抜きなんだけれどフォールアウトニューベガスを作った会社から出る『The Outer Worlds』も楽しそうなんだよなぁ。
『ライザのアトリエ』もモデリングが超気になるんだよなぁ。

もうちょっと頑張って仕事して生き抜こう…。

新しい(オマケ付き)グラフィックボードを購入!

今のグラフィックボードは『MSI Radeon R 390』、AMDのグラフィックボードとしては2019年の今でもハイエンドの部類で十分通用するんだけれどとある事情で買い換えを考えていた。
そんな時見つけたのが『玄人志向 Radeon RX 590』
グラボ.jpg
R9 390と比較するとベンチマーク上では15%増しの性能、値段はAmazon.co.jp販売品で¥18,538 。

これの同等の性能を持つNVIDIAのグラボだと『GeForce GTX 1060』か『GeForce GTX 1660』で、価格は¥25,000~¥31,000、性能はRX 590のほうが少し上、対価格性能比のコスパは圧倒的にRX 590の勝ち。
メモリ8GB搭載の『GeForce GTX 1070』には性能は少し負けるけれど、そちらは価格が¥35,000~¥40,000強なので、(消費電力以外の)コスパはRX 590の勝ち。

もちろん玄人志向のRD-RX590-E8GB/OC/DFが一番安かったのも理由の一つだけれど、AMDの次世代GPUはFluid Motionが使えないようになっていると聞いたので正式対応しているRX 590のほうを選んだのだ。
Bluesky Frame Rate Converterでも有効化できない事例も聞いていたし、60FPS化でヌルヌル動画を一度味わってしまうと戻れないのだ。
まぁ『SVP』使えばソフトウェア補完できるから、実際はそこまで困らないのかもしれないけれど。

FF14のベンチマークで9.3%増し程度…1割増しには届かないけれど1.8K円のグラボが4.2K円のグラボより性能良ければ充分満足。

Radeon R9 390_FF14BM.png

上がR9 390で下がRX 590

Radeon RX 590_FF14BM.png

あんまり安かったので「もしかして中身のメーカーCOLORFUL(粗悪品で有名なメーカー)とか?」とポチってから気になったけれど、どうやら中身のメーカーは『PowerColor』だった。
AXRX 590 8GBD5-DHD_BOX_CARD.JPG
画像引用:PowerColor公式サイト
https://www.aiuto-jp.co.jp/products/product_2514.php

こちらが玄人志向のRX 590
玄人志向 AMD Radeon RX590 搭載 グラフィックボード 8GB デュアルファンモデル RD-RX590-E8GB/OC/DF
玄人志向 AMD Radeon RX590 搭載 グラフィックボード 8GB デュアルファンモデル RD-RX590-E8GB/OC/DF
外見も今はもう珍しいDVI端子端子がついてるのも一緒。
ちなみにPowerColorさんは、一流…とは言わないけれどグラボメーカーとしては安くてそこそこの信頼性がある定番メーカー。

そのうえ『AMD 50周年記念』で、指定のグラボを買うとゲームをもらえるキャンペーンの第2弾を開催していて2019年12月31日(火)までなら、3~4つの中から選んで一つもらえるという太っ腹!
Borderlands3が欲しかったので、買わない手はないと急ぎポチったのだ。

本当はThe Outer Worldsが欲しかったのだけれど、そっちはCPU買う必要があるからね。
…CPUも買い換えるか?(-_- )

Switch用廉価ワイヤレスコントローラー『AnvFlik』のレビュー

バッテリー増量版Nintendo Switchを買うにあたって
「純正もHORIもワイヤレスパッドの出来がいまいちなので、中華製パッドを使い捨てしたほうがマシだよ」
と言う話を家族から聞いたので、ネットで調べて候補を絞った。

外見と仕様からオススメ順。

1.『JYS-NS126』または『AnvFlik』
アナログスティックが純正やXbox準拠で使いやすそう(ただし-、+、SS、HOMEを混同しやすい)
AnvFlik ニンテンドースイッチ対応 Switch コントローラー 無線/加速度センサー/ジャイロセンサー/連射/振動 バージョン9.0.0対応 ゲームパット ワイヤレス 日本語取扱説明書 一年間保証 任天堂/PC対応
AnvFlik ニンテンドースイッチ対応 Switch コントローラー 無線/加速度センサー/ジャイロセンサー/連射/振動 バージョン9.0.0対応 ゲームパット ワイヤレス 日本語取扱説明書 一年間保証 任天堂/PC対応

2.『DinoFire』
スティックはDUALSHOCK系-、+、SS、HOMEは押しやすそう。(OとTキーでもしかして片方は連写モード切替キー?)
2019年最新版 Switch コントローラー DinoFire スイッチ コントローラー プロコントローラー Switch 任天堂 対応 スイッチ コントローラー
2019年最新版 Switch コントローラー DinoFire スイッチ コントローラー プロコントローラー Switch 任天堂 対応 スイッチ コントローラー

3.『8BitDo N30Pro2』
クラシック風だが必要なボタンは揃えている、グリップはしづらそうでSS、HOMEがやや押しづらそう
Mcbazel 8Bitdo N30 Pro 2ワイヤレスBluetoothコントローラWindows / Android/macOS/Steam/Switch/Raspberry Piに対応 収納袋付き
Mcbazel 8Bitdo N30 Pro 2ワイヤレスBluetoothコントローラWindows / Android/macOS/Steam/Switch/Raspberry Piに対応 収納袋付き

4.『BEBONCOOL B41』
類似品やロゴの無い明らかな偽物がある。SSボタンがなく-&Bボタンで代用しなくてはならない
「2019最新版」Switch コントローラー BEBONCOOL 「ジャイロセンサー搭載」Nintendo にスイッチ コントローラー HD振動Switch 8.1.0対応 Bluetooth 接続ワイヤレス Nintendo Switchに適用 プロコン 任天堂 スイッチ にコントローラーSwitch Pro コントローラー
「2019最新版」Switch コントローラー BEBONCOOL 「ジャイロセンサー搭載」Nintendo にスイッチ コントローラー HD振動Switch 8.1.0対応 Bluetooth 接続ワイヤレス Nintendo Switchに適用 プロコン 任天堂 スイッチ にコントローラーSwitch Pro コントローラー

Q1. なぜこの4種類を候補に絞ったorオススメなの?
A1. Switchの本体アップデート時認識されなくても、アップデートで再認識するようになった実績があるから

Q2. JYS-NS126(AnvFlisk)が一番オススメなのはなぜ?
A2. アナログスティック配置がSwitch純正パッドに最も近く連射機能(ターボ)があるから

Q3. JYS-NS126にはデメリットは無いの?
A3. ボタンを混同しやすい外にアップデート用のUpdatetool.exeが公式サイトのURLから削除されている
-----------------------------------------------
・JYS-NS126(AnvFlik)
http://www.jysinc.cn/product/html/?284.html
FWダウンロード(Switch 7.0.1以上)…ただしUpdatetool.exeが見当たらない
http://www.jysinc.cn/page/Service/controller.php

一応(2019年9月29日現在)以下のURLからUpdatetool.exeを拾ってこられる。
https://drive.google.com/open?id=1mziRL3Of-iquus_6dwAJ9hEGjRKTyUIl
(URLは公式の過去キャッシュより発掘)

・ボタン配置
Xbox系配置(ZL、ZRトリガーはDUALSHOCK風)
連射(ターボボタン)対応

・使用感
振動機能はDUALSHOCKやXboxOne&PC用パッドのような従来系のもので
Switch純正の『HD振動』のような細かいニュアンスを表現できるタイプではない。
ジャイロ機能は使っていないので不明。
使用可能時間はおおむね仕様通りの6時間程度。
無操作時間4分20秒程度でスリープモードに入るので、長めのイベントシーンだとスリープしてしまうことがある。
(イベントシーンなどではスキップに影響しないスティック操作などでスリープ回避をする必要がある)
HOMEボタンでの本体起動は不可(純正以外本体起動は非対応がほとんどの模様)

仮画像.jpg

とりあえず本体バージョン9.00でも普通に動作しているので問題なし。
Switch純正Joyコンのカチカチした押し心地のボタンよりこっちが好き。


以下の情報は参考までに。
ファームウェアアップデートが期待できそうなら以下のパッドにこだわる必要なし。

-----------------------------------------------
・DinoFire
http://www.dinofire.com/jp/product-detail/switch-controller/
FWダウンロード
http://www.dinofire.com/upgrade/

・ボタン配置
スティック配置はDUALSHOCK系
振動の調整機能、ターボ機能あり
動作時間は10時間程度
-----------------------------------------------
・8BitDo N30Pro2
https://support.8bitdo.com/
・サイバーガジェット版
https://www.cybergadget.co.jp/products/4544859028588/
FWダウンロード
https://support.8bitdo.com/

・ボタン配置
クラシックゲーム+スティックがDUALSHOCK系配置
その他ボタン(-、+、HOME)は側面
ターボ機能があるのだがSwitchでは使用できない模様
-----------------------------------------------
・BEBONCOOL B41
https://amzn.to/2RfDDt9
FWダウンロード
http://www.beboncool.com/jp/upgrade/

・ボタン配置
スティックはDUALSHOCK系配置
スクリーンショットボタンなし(-&Bボタンで代替可能)

OsmAnd 3.4.4にアップデートでついに!?

高速道路や遠距離では必要時間がおおむね正確に出ていたが、
下道や近距離では計測方法が信号の少ない諸外国ベースだったために実際の半分ぐらいの時間が表示されていたOsmAnd。

ついに想定走行速度を設定できる機能が付いた!
微調整が難しいけれど、これで下道を走ってもおおむね実時間に近い値を出すことができるようになった。

Screenshot_20190724-203217.jpgScreenshot_20190724-203217.jpg

……うん、機能が増えるとアプリの日本語訳部分が増えるので喜び半分といった感じ。

ランス10-決戦-実績コンプリート!!

ランス10-決戦-

1207時間かかってようやく実績をコンプリートできた。
食券は引き継ぎをさっさとやっていれば1000時間は越えなかったかもしれない。
無駄な時間を過ごしたとは思わない。
画像

画像


だってRanceだよ?Rance!

1作目こそプレイしていないけれど、Rance2のフロッピーディスクのデータを変換して
ユーザー作成の独自ツールでMS-DOSプレイしたRance2からのユーザーだよ?

ALSMIDIをつかって音楽をMIDI化し、SC-55mk2の良音源でプレイできるRanceシリーズですよ?

鬼畜王の高難易度が嘘のような簡単ゲームのRance9から、セーブロードが必須になったRance10ですよ?

目をつむれば思い出す……ピンクのフロッピーディスク、Rance4のためにHDDを買ったこと、かなみ盾。

シナリオデータとADV.COMを改造しチートアイテムとモザイク解除を……ゲフンゲフン。

あれADV.COMの改造で外れるのはDALKで、闘神都市とRanceはシナリオデータの改造とAキー押せば良いんだっけ?

回想はともかく、当初の目標は達成したのでもうゴールしても良いんだけれど「バスワルド」の全裸カードは取得したいなぁ。

初めてのVR……結果は散々だった(T-T )

流行から遅れること数年……数年?
VRを試せるネットカフェで、FOVE(のVirtual Gate)を試してきた。

「眼鏡は外して使用してください」との事だったので、眼鏡を外して装着。
位置を適切にバンドをしっかり締めればとりあえず眼鏡なしでも見られることは見られる。

ただヘッドホンを別途つけなければいけないのが面倒くさい。
好きなヘッドホンが使えるようにという配慮なのだろうけれど、ちょっと面倒だなぁ。
HMDと一体型か、HMD側にステレオ端子があるほうが良いのかも。

周りを見回せるのは思いのほか楽しく、特にホラーゲームはマジで怖い。
没入感が高すぎるのも考え物だなぁ。

そして最も印象に残ったのは……VR酔い

2~3分見ただけで頭がクラクラして気持ち悪くなってくる。
自分や周りが動かなくても酔うという経験は初めてだった。

慣れで軽減できれば良いのだけれど、そうでないなら自分にはVRは向いてないのかもと思った。
ぎゃる☆がんVRの体験版やりたかったんだけれどなぁ(´・ω・`)

OsmAnd(+) ver3.3.3非公式日本語音声公開

先日OsmAndの3.2.7ベースで日本語音声スクリプトを仕上げたが、
その数日後にOsmAnd側がアップデートされ3.3.3になっていた。(T-T )

幸い使用している音声スクリプトに変更はなかったので、マニュアルのバージョン数字だけ置換して公開します。

Android用カーナビゲーションアプリ
Maps & Navigation OsmAnd の非公式日本語音声


チェック環境はAndroid版アプリのみです。
iOS版はそもそも(指定のフォルダにファイルだけをコピーするとか)対応しているかどうか不明なので分かりません。
こちらがチェックしたのは以下の環境です。
Maps & Navigation OsmAnd+ (有料版) 3.3.3
N2 TTS(TTS読み上げエンジン)

チェックはしていませんが無料版の『OsmAnd』でも今までは使えたので多分使えると思います。


非公式日本語音声のダウンロードはここから
※ファイル末尾に_jsが付いている方が新しい音声スクリプトを使った物です。

OsmAnd側の仕様変更に伴い、旧バージョンのxxxx.pのスクリプトファイルを使う物と
新しいxxxx.jsのスクリプトファイルを使う物とでアーカイブを分けました。
新しい物を使いたい場合はファイル末尾に_jsが付いた方をダウンロードし、
OsmAndのデータフォルダ内にあるVoiceフォルダの
公式日本語音声が入っている[ja-tts]フォルダごと上書きコピーして下さい。
その際公式の日本語tts音声は使えなくなるので、バックアップを取っておくか
元に戻したいときは非公式版を[ja-tts]フォルダごと削除し、公式の日本語音声を再ダウンロードして下さい

無料版でチェックしていないのかとか、何が変わったのかはアーカイブ内の[Readme(共通マニュアル).txt]をご参照下さい。

OsmAnd ver3.2.7の新(非公式)日本語ランゲージファイルに着手

いくつか前のバージョンのOsmAnd Beta版から
tts形式の音声案内ランゲージファイルが刷新される事はうすうす分かっていた。

自分がドライブに行くために非公式日本語音声&ランゲージファイルを更新しようとチェックしてみたら、
OsmAnd ver3.2.7で旧ファイルタイプ_ttsconfig.pからja_tts.jsに変更されていた。

うん、分かっていたんだ。
ついにこのときが来てしまった…。

幸い旧形式のtts発話スクリプトも使えるし、ogg形式も旧タイプファイルがそのまま使えるので現状は特に困ることはないが
将来も自分が便利に使うためにはjs形式の発話スクリプトを日本語用に手直ししなくてはならない。

でも自分が非公式日本語音声を作り始めた頃は日本語音声に非対応だったからで
現在標準導入されるtts版js形式の発話スクリプトも、ちょっと違和感が残るけれど充分使えるレベルで、とくに自分が作る必要性は感じない。

まぁ…ボーダーコントロール(border control)が「税関」と訳されたり
トラフィックカーミング(traffic calming)はOpenStreetMap的には「交通静穏化」で合っているけれど、ナビで言われてもイメージしづらい
on、onto、to、towardの区別がされていないなど、まだちょっともやっとする部分が残っているので、もうしばらく非公式日本語音声は続けるんじゃよ。

マージ申請すれば良いって?
OsmAndのアプリ日本語化サイトと違ってどこに申請すれば良いか分からないんだよ!(笑)
誰か知っている人がいたら教えてくれないかなぁ?

とりあえず、移植と文法の修正は終わったから、あとは微調整すれば公開できるレベルにはなるかな?
公式の日本語ランゲージファイルの修正された文法をコピペして使いたいという誘惑に駆られたけれど、
一応旧形式のやつを手探りで直し、日本語として違和感のないように調整した自負もあるので
英語版のものをベースにして自分の力で文法調整した。(褒めて褒めて!)

まぁ基本の英語ランゲージが一番早く更新されるので、英語版をベースに作れば
最新機能の反映とかをさせやすいというメリットもあるし、まるっきり無駄ではないんだよね。




6時間耐久ヒトカラ、カラオケまねきねこにて。

久しぶりに実機カラオケに…『深淵に舞う旋律謝肉祭』が歌いたかったのでDAMを選択。

JOYSOUND最新機には入っているって?必ず最新機種で歌えるとは限らないじゃない。

あと『ゆりゆらららゆるゆり大事件(安元洋貴ver)』が歌いたくなったので。

…採点して遊んでいたら何故か80点がちょこちょこ出る。

DAMはこんなに簡単に80点越える機種じゃなかった気がするんだけれど…採点のアルゴリズム変えたのか

それともJOYSOUNDの様に採点を甘くしたのか?


画像


片っ端から歌い倒してやっと歌っている人が少ない曲にあたって、ランキングで1位になることができた。

『自分一人しか歌っていない曲』には今回は残念ながら当たらなかった。

そっちの方が1位とるより満足度は高いんだけれどなぁ。

カラオケまねきねこは持ち込みOKだしソフトクリーム食べ放題なのが嬉しいね。

今回は約6時間歌って撤退、いつか開店からフリータイム終了まで(最大9時間)耐久ヒトカラやりたいなぁ。

OsmAnd(+) ver3.1.5非公式日本語音声公開

Android用カーナビゲーションアプリ
Maps & Navigation OsmAnd の非公式日本語音声、一応読み込みチェックだけ終了したので公開します。

チェック環境はAndroid版アプリのみです。
iOS版はそもそも(指定のフォルダにファイルだけをコピーするとか)対応しているかどうか不明なので分かりません。
こちらがチェックしたのは以下の環境です。
Maps & Navigation OsmAnd+ (有料版) 3.1.5
Maps & Navigation OsmAnd (無料版) 3.1.5
N2 TTS(TTS読み上げエンジン)

ダウンロードはこちらから

2.6.5から内容自体はほとんど変わっていないのですよ。

OsmAndアプリの翻訳や非公式日本語音声の進捗(2018年9月初旬)

OsmAndアプリの方はちょこちょこ翻訳を進めているけれど項目や機能が多くなりすぎて、
未翻訳の部分がどこ(どのメニュー内のどの場所)にあるか、上手く意訳できているかが確認しづらくなってるんですよね

逆に日本語音声の方は過去に公開したものからほとんど変更点がなく、
最新の音声スクリプトの内容は2.6.5からほとんど変わってなくて、ちょっと手直しすれば最新の3.1.5に対応したものが公開できそう。

ずるずる延ばすとそのまま公開が延びそうだから数日中には3.1.5用の日本語音声を公開してしまおう…とここに書くことで自分を追い込むスタイル。

好対照な二つの名作ゲーム(PS4)

METALMAX Xeno クリア済み 周回プレイはストーリー抜きで2週目レアドロップ厳選中

画像


まさかMETALMAXでパンツを拝める日が来るとは思わなかった。

画像


従来からの変わりように戸惑ったが、その骨子は間違いなくMETALMAX以外の何物でもなかった。
賛否両論はあるだろうけれど、買って損はなかった!


METAL MAX Xeno (メタルマックス ゼノ) - PS4
角川ゲームス
2018-04-19

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by METAL MAX Xeno (メタルマックス ゼノ) - PS4 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






戦場のヴァルキュリア4 最終盤あたり?
ストーリー云々より、1同様に広いフィールドを駆け回れることが嬉しい。
ぶっちゃけ変化はあまり感じない。

画像


カイの尻は最高!
ラズが思わず触ってしまったというのも納得。
画像


DLCはちょっと高めだが、メインヒロイン達が水着になってくれたのでパンツァー的には良し!
せっかくなら部隊全員が使い回しのテクスチャで良いから男も含めて水着に…と思ったけれど、子持ちのおばさん(対戦車兵、ブリトニー 42歳)もおるんだった。

うんメインヒロイン達だけで良かったわ。
今度こそお布施ができたので続編も期待したい。


戦場のヴァルキュリア4 - PS4
セガゲームス
2018-03-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 戦場のヴァルキュリア4  - PS4 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


十三機兵防衛圏はまだかー

ヴァニラウェアとアトラスの十三機兵防衛圏の情報がさっぱり出てこないので
代わりにThe VagrantというヴァニラウェアのRPGが好きでリスペクトしたというゲームを買ってみた。

410円と安かったのでウィッシュリストのトップに配置し、とりあえず他のゲームをクリアしたら買うかと思っていたら
いつの間にかサマーセールに突入、205円に下がっていたところにPayPalのクーポン発行で55円で買えてしまった。
駄菓子感覚でゲームが買える…恐ろしい。

いやもともとSteamは『ゲームを買う』というゲームをする所だけれどね。
そして積むまでワンセット。

画像


スキルで新しいアクションやステータスアップをしていくタイプのアクションRPG。
見た目はオーディンスフィア、アクションの大味感はドラゴンズクラウンみたいで、
前知識のない人にやらせたら9割の人がヴァニラゲーだと思うんじゃないかなぁ?

価格とヴァニラ風味に惹かれたのならおすすめ。
https://store.steampowered.com/app/598700/The_Vagrant/