20時間連続使用可能、HOMEボタンでSwitchの電源を入れられるSwitch用無線コントローラー『COWBOX Wireless Controller N-SL Model NO.T-23』のレビュー

◆付属品
・コントローラー本体(COWBOX Wireless Controller N-SL Model NO.T-23)
・USB Type-A<>Type-Cケーブル
・説明書
付属品.jpg
製品紹介のYouTube動画にて確認できる『アフターサービス保証カード』は入っていなかった。
なので私見ではあるが不良・故障の返品や交換がスムーズに出来る『出荷元:Amazon』かつ正規販売者らしい『販売元:ウシバコ[1年保証付き]』から購入するのが良さそうな気がする。


スイッチ コントローラー 背面ボタン付き 無線 有線 SWITCH Switch lite PC 20時間 長時間連続対応 【COWBOX 2021年2月最新2モード設定可能背面ボタン付きプロコン】 15秒操作完全コピー 単ボタンマッピング 連射 スイッチスリープモード解除 有線 スイッチ ライト ワイヤレスコントローラー 日本語取扱説明書 無線 Bluetooth ワイヤレス コントローラー ゲームコントローラー ゲームパッド
スイッチ コントローラー 背面ボタン付き 無線 有線 SWITCH Switch lite PC 20時間 長時間連続対応 【COWBOX 2021年2月最新2モード設定可能背面ボタン付きプロコン】 15秒操作完全コピー 単ボタンマッピング 連射 スイッチスリープモード解除 有線 スイッチ ライト ワイヤレスコントローラー 日本語取扱説明書 無線 Bluetooth ワイヤレス コントローラー ゲームコントローラー ゲームパッド



◆特徴
『無線でもコントローラー側のホームボタン長押しでSwitchが起動できる』(これができるコントローラーが少ないので便利)
『背面の拡張ボタン2つに任意のキーの同時押しまたはホールド、順押し(マクロ)設定が可能』(自由に設定ができるものとできないコントローラーがある)
背面ボタン.jpg

◆付属USBケーブル(充電orPCと接続用)
長さは説明書通りの70cmあるが、PCコントローラー用として使うには短すぎる。
ノートパソコンならまだしも、デスクトップだと(一体型でも)まず長さが足りない。

◆説明書
英語・日本語・中国語の3カ国語対応。
説明書内画像の画質が悪く、日本語は機械翻訳しただけのような内容なので書かれている内容を理解するのに少し時間がかかる。
00_説明書が見にくい.jpg
またコントローラーのボタン表記が『ZL・ZR』『L2・R2』表記が混在していて、他ゲーム機のコントローラーに慣れていれば分かるレベルだが
説明書内画像の視認性が悪い事、変な日本語のせいで初期設定や各種の設定変更に手間取る人もいるかもしれない。
01_説明書.jpg
そういう人はT-23の商品説明にも記載のある[設定動画](YouTube/英語&中国語だが日本語字幕あり)を見ながら設定するのがおすすめ。

以下はSwitch用無線コントローラー『AnvFlik(JYS-NS126)』との比較レビュー。

◆USB Type-C端子
AnvFlikに比べると少し緩いが、値段相応で特別悪くもない。
長く使うには作りのしっかりしたUSBケーブルを使うか、マグネットUSBケーブルなどを使って端子がこれ以上緩くならないよう対処すれば問題ない。
端子が平らな場所にあるので、丸形の受けを持つマグネットUSBケーブルも使えるのは良い。
AnvFlik(JYS-NS126)は斜めかつ凹んだ場所にあるので丸形マグネットは形状によっては使えず、小さめの横楕円などに限られる(写真参照)。
02_端子部.jpg
◆ボタンや操作感
B、X、YボタンがAボタンのストロークと比べると少なく、他のボタンと比べてもカチッと押した感じが薄い…がゲームに没頭すれば気にならないレベル。
ZLボタン&ZRボタンはストロークのないタイプだがストロークの強弱操作が有効なゲームを持っていないのでレビューできず。
同じくSwitchの無線コントローラーのAnvFlikは、ボタンを押した感じは均等でZLボタンとZRボタンにストロークがある。
(ZL&ZRのストロークに関しては純正のJoy-Conはストロークは無くカチカチ式だし、純正Proコンも画像を見る限りストロークが浅くアナログ操作に強く影響するようには見えない)
個人的にはボタンの作りは(ストロークによるアナログ操作が有効であるならば)AnvFlikが勝る…様な気がする。

ジャイロ機能&連射機能はどちらも普通。
T-23の方の連射は毎秒20回>毎秒12回>毎秒5回で切り替え可能、速度は全てのボタン(A、B、X、Y、L、R、ZL、ZR)で共通。
振動の強さも100%(標準)>70%>40%>0%(振動無し)で変更可能。

ボタン配置はこちらT-23の方が使いやすい。(AnvFlikはキャプチャーと[-]ボタンをいまだに押し間違える事がある)
背面にある拡張ボタン(マクロ可)は、決まったの設定の切替しか出来ないコントローラーもある中、長押し・同時押し・マクロ(順押し)と充分に実用的。
設定・機能共に問題ないが、もう少しグリップから離れた場所ににあった方が誤爆しないと思う(慣れの問題か?)

◆サイズ
15.5(横)×11.5(縦)×6.5(厚)cmで210g、説明書通りの重量とサイズ。
ちなみにAnvFlikは16.0×11.2×6.0cmで191g。
T-23のグリップが太めで、AnvFlikは細めでなおかつホールドしやすいよう背面に指を置く凹みがある。
持ちやすさはAnvFlikが勝り、手の小さい人でも持ちやすい。
03_重さ.jpg
◆バッテリー
満充電からなら20時間程度は余裕で使える。
Amazonの商品紹介では『最大20時間連続使用』をうたっていて、説明書には『使用時間:12-15h』箱裏には『About:10 hours』と書かれている😵
04_箱裏.jpg
どれが正しいか確認するため、振動の強さを100%に設定した状態でゼルダの伝説BOWとXenoblade2をプレイしながらテスト。
睡眠・食事・休憩・入浴中は輪ゴムでスティック固定、結果…連続使用時間は26時間を越えた。
使用20時間を前にバッテリー低下警告が出たが、その後6時間50分プレイしても電源が切れなかったので私がギブアップ。
05_テスト.jpg
頻繁に振動するゲームなど(モーター回すには電力を喰うので)、条件や経年によって使用時間が下がることを考えても謳い文句通りと判断した。
AnvFlikも仕様通りの6時間(バッテリー強化モデルは20時間…らしい)はもったが、バッテリー低下警告がでてから体感5分程度で電源が切れた。
バッテリーに関しては圧倒的にT-23が勝る。

◆耐久性
T-23(3280円)は購入して50時間程度しか使用していないのでレビューは保留。
AnvFlik(3199円)は2019年8月に買って2020年10月頃には左スティックを上に傾けたときやや左にずれる事がしばしば出てきて
2021年1月には頻繁になったので買い換えを検討することになったが、値段を考えれば妥当な耐久性だったと言える。
RPGなど瞬時の操作に影響するゲームでなければ(BOW程度なら)まだまだ使えるレベルではあるので、当分はT-23の充電中にAnvFlikを使うつもりでいる。

◆その他
2021年2月22日現在、Amazonや楽天市場を簡単に探してみたがランプ配置を含め同型状のコントローラーは見当たらなかったので既存製品の『コピー(or廉価版)』という事はなさそう。
ウシバコの中の人は中国の方だが、発送がAmazonであれば特別気にするような事では無いと判断した。
少なくとも名前だけ日本人のものを借りたり騙ったりするよりはよほど好感が持てる。
ちなみに『☆5つのレビューをしたらプレゼントor代金還元』などの『さくらレビューをうながすカード』が入っていなかったのでそれも好印象。
購入してから気づいたのだが技適マークが無いので建前上日本では使用できない…ちなみに私の所持しているAnvFlikにはあったし製造元と思われる会社名で登録も確認できた。
T-23には技適マークが無いので日本では使えませんので海外の友達へのプレゼント用にどうぞ。

スイッチ コントローラー 背面ボタン付き 無線 有線 SWITCH Switch lite PC 20時間 長時間連続対応 【COWBOX 2021年2月最新2モード設定可能背面ボタン付きプロコン】 15秒操作完全コピー 単ボタンマッピング 連射 スイッチスリープモード解除 有線 スイッチ ライト ワイヤレスコントローラー 日本語取扱説明書 無線 Bluetooth ワイヤレス コントローラー ゲームコントローラー ゲームパッド
スイッチ コントローラー 背面ボタン付き 無線 有線 SWITCH Switch lite PC 20時間 長時間連続対応 【COWBOX 2021年2月最新2モード設定可能背面ボタン付きプロコン】 15秒操作完全コピー 単ボタンマッピング 連射 スイッチスリープモード解除 有線 スイッチ ライト ワイヤレスコントローラー 日本語取扱説明書 無線 Bluetooth ワイヤレス コントローラー ゲームコントローラー ゲームパッド


Steamで買った一人用カードゲーム『Shephy』は絵が可愛くてなおかつ気軽に遊べて楽しい

冒険企画局が販売しているカードゲーム『シェフィ』
冒険企画局 シェフィ (Shephy)
冒険企画局 シェフィ (Shephy)

それをPC用に落とし込んだのが『Shephy』とのこと。
Steam版は定価500円、セール時大体100円。
他にもAndroid、iOS、3DS、Switch版もある模様。

Steam版のレビューでも書かれているとおり、手配が悪いと詰んで勝てない場合がある。
…でもそもそも大抵のカードゲームってそんなもんじゃない?

その日の引きの良し悪しを一喜一憂したりしながら、チビチビと遊んで楽しむのが趣というもの。

ただ『チャレンジ』モードは引きが大きく左右され、ある程度デメリット札を封じながら進めつつ、なおかつカードの引きが良くないと高得点は望めない。
Shephy.png
理論的に7000匹(点)行けるらしいんだけれど、届く気がしない😵

『ポストラヴズ』も(いわゆるストーリーモード)の最後二つの面では連続して引きの良さを求められるので、この辺は確かにちょっと調整が欲しかったかも。
でも調整を入れてしまうとそれはそれで自力でクリアしたときのカタルシスが減るから、やはり調整無しの方が正解かもしれない。

ストーリーモードとあるけれど、あくまでオマケみたいなもので500円のゲームにそこまで期待してはいけない。
私はポストラヴズのオチを漫画や小説、フルプライスのゲームで出されたらブチ切れるだろうが
不思議とShephyでは「あっはっはっ…そう来たかぁ」と笑って納得できた。
そしてプロフィール画面に使うくらいは好きになった。

Steam.png

今日も夜寝る前にチャレンジモードでハイスコアを目指し、あきたら『ベーシックモード』でサクッとクリアして気分良く寝るようにしている。

Lenovo TAB4 8 PlusにLineageOSを導入する際の備忘録

LineageOSについて
17.1(Android 10ベース)と16.0(Android 9ベース)があり、現在17.1の方はやや不安定という噂がある。
こちらで確認した限りでは16、17.1共にだと背面カメラが動作しない、背面カメラに切替が出来ないという症状が出ている。
例:OpenCamera、ProCam X、Camera FV-5、クルクル(デンソー純正QRリーダー)、カラオケ予約(JOYSOUND用キョクナビアプリ)など
またバージョンに関わらず正規のAndroidと認識されないため、起動時にOSチェックを行うアプリは動作しない。
例:Media Link Player for DTV、WOWOWメンバーズオンデマンドなど
Media Link Player for DTVが動作しなくなったのが痛かったが『DiXiM Play Android』はrootを解除したら動作したので購入した。(※2020年11月23日現在)
月額100円、買切り1300円(税抜)…なのは良いとして、『インストールできるのはアカウント一つに付き1機種』で『Google Play』のポイントを使って買えなかったのが残念。
機能自体はMedia Link Player for DTVより安定していて、番組転送しながら転送済み番組を見られるのは良い。

Lenovo Tab4 8 Plus WiFiモデル (Qualcomm APQ8053/8.0型液晶/4GBメモリー/ストレージ64GB/オーロラブラック)ZA2E0024JP
Lenovo Tab4 8 Plus WiFiモデル (Qualcomm APQ8053/8.0型液晶/4GBメモリー/ストレージ64GB/オーロラブラック)ZA2E0024JP

閑話休題。

Android 10はWi-Fi関連機能の更新によりWi-Fiを自動切り替えするアプリの自動切り替えなどが出来なくなっている噂あり。
ただし全てではなくWiFi PrioritizerなどOS側の切り替え機能を用いたものであれば動くようだ。
またクリップボード関連にも制限が入り、Joinや切り取り箱などadbコマンドにより特別な手順を踏まないと従来の機能が使えないものがある。

あと10はルートから見たフォルダ構成が変わっているため、手動で設定するアプリなどはGoogleのバックアップからの引き継ぎに際し上手く動かなくなることがある。
以上のことが確認できて特に不満は無かったが、今後の影響と移行時の面倒くささを減らすためAndroid 9ベースの『LineageOS 16 for Lenovo TAB 4 8 plus』を導入することにした。

ちなみに以下のような違いがあるらしい
LineageOS 16 for Lenovo TAB 4 8 plusで動作するもの
Calls/SMS/Mobile data
(電話/SMS/モバイルデータ通信)
Wifi
(無線LAN)
Bluetooth
GPS
(現在地)
Camera
(カメラ)
Audio
(オーディオ&スピーカー)
FM radio
(FMラジオ)
Torchlight
(背面カメラ側のフラッシュや照明)
LED
(通知ランプ)
USB and WLAN tethering
(USB&無線LANテザリング)
Fingerprint sensor
(指紋認証)

LineageOS 17.1 for Lenovo TAB 4 8 plusで動作するもの
Calls/SMS/Mobile data
Wifi
Bluetooth
GPS
Camera
Audio
FM radio
Torchlight
USB and WLAN tethering

16の方にのみLEDとFingerprint sensorが動作する書かれているが、17.1でも指紋認証は機能するのを確認。
自分の環境では16、17.1両方ともアウト(背面)カメラが動作せず、切替ボタンがある場所をタップしても動作せず。
インアウト切り替えボタンが有りタップ反応のあるカメラも前面には切り替わらず。
もともとアウトカメラ機能しか持っていないものは写りもしない(JOYSOUNDのカラオケ予約など)。

他の機種にLineageなどのカスタムROMをインストールした場合でもカメラが動作しないことがあったりするらしいので(事実)
内部のパーツを時期によってこっそり変えていたりしてドライバーが当たらなかったり認識しなかったりするのかもしれない(筆者妄想)
-----------------------------------------------
◇下準備1
以下より必要なソフトをダウンロード
UNOFFICIAL LineageOS 16.0 for Lenovo TAB4 8 plus (ver20200320)

(ver 20200712)も同じコミュニティにあった。
TWRP 3.4.0-0のこれ』を使ってとも書いてあった。

UNOFFICIAL LineageOS 17.1 for Lenovo TAB4 8 plus (ver20200906)

TWRP and ROOT for Tab 4 8/10 (Plus) (ver 3.2.3-0)
TWRP 3.4.0-0もあるけれど微妙に挙動が違うので、以下の手順では3.2.3-0を使用した場合に限る。

Google関連のアプリを『OpenGApps』から取得する
Art001.png
Lenovo TAB4 8 PlusのCPUはARMアーキテクチャーかつ64bitなので『ARM64』を選択。
LineageOS 16.0をインストール予定ならAndroid『9.0』、LineageOS 17.0なら『10.0』を選択。
最低限のアプリのみ必要なら『Pico』を、一揃え欲しいなら『full』を選択してダウンロードしてLineageOSと一緒にmicroSDカードに入れて、インストール時にタブレットに挿して使う。


◇下準備2
OEMロック解除(要Wi-Fi接続&認証)を行う。
開発者メニューを表示させ、USBデバッグモードをONにする。

◇下準備3
Fastbootモード(緑色のAndroid君が表示)を起動する方法は以下の3つ。
A.リカバリーモードで起ち上げる方法はLenovoのロゴが表示されて1秒後ぐらいまで『電源と音量+』を長押し(その後Fastbootを選択)
電源ボタンを長押ししすぎると通常ブートになってしまうので注意。
B.電源OFF状態から『電源と音量-』長押しでFastboot直接起動。
C.ケーブルでパソコンと接続後、以下のコマンドを実行
adb reboot bootloader

Fastboot.jpg
上のような画面が出たら、必要ツールを集めたフォルダに移動後コマンドライン画面を開き
以下手順に従ってTWRP for TB-8704X/Fを導入。
1.fastboot oem device-info(unlock出来ているかを再度確認)
2.fastboot oem unlock-go(ロックを解除し、デバイスが出荷時設定にリセット)
3.fastboot boot twrp-3.2.3-0-.img(TWRPをインストール&起動)

Art000.png

・その他、確認用など
fastboot devices
デバイス名取得

fastboot oem device-info
OEMアンロックなどデバイスの状態を表示

fastboot format cache
cacheをフォーマット(TWRPでキャッシュ削除がうまく機能しないときなどに)

fastboot boot twrp-3.2.3-0-tb_8704x.img
TWRP起動

◇TWRP内操作
Screenshot_2020-08-31-17-27-47.png
英語が分からない人はまず最初に『Setting』>一番右上の地球マークタブ>『Japanese』を選択肢、右下のSet Languageを押すと日本語表示になる。
Screenshot_2020-08-31-17-31-14.png

Screenshot_2020-08-31-17-31-18.png
日本語にはなるけれど英語サイトも日本語サイトも解説のほとんどが英語の表記を元に解説されているので、それらを手引きに進める場合は英語のままの方が良いかもしれない。

設定の『Prompt to install TWRP app if not installed』は『インストール作業を実行後、TWRPアプリがインストールされていない場合、インストールの確認をとる』という意味。
特にチェックをいじる必要はない。
Screenshot_2020-08-31-17-30-31.png

初回起動時SystemをRead onlyにすると後で『Wipe(消去)』に失敗するので、しないように。
もししてしまったら、『Mount(マウント)』メニューから『Mount system partition read-only(Systemを読み取り専用でマウントする)』のチェックを外す。
Screenshot_2020-08-31-17-30-52.png

『Backup(バックアップ)』からSystem、Data、Boot三つのバックアップをMicroSDカードなどに取っておく
内蔵ストレージの最大容量、使用容量に応じてMicroSD側に4~64GB程度の空きが必要。
Backup.png

Android 7からLineage OS 16以降にアップデートする場合、暗号化の仕様が変わっているため
『Wipe』メニューから『Format Data』を行いデータを完全に削除する(※1)、フォーマット後マウントさせるために再起動。
Screenshot_2020-08-31-17-30-23.png

※1
以下のように書かれていたので。
https://forum.xda-developers.com/thinkpad-tablet/development/rom-lineageos-17-1-lenovo-tab-4-8-plus-t4107791
>TWRPでは、ストックROMから来て、このROMのインストールを実行する場合は、データを消去します。
>Android 8(8.1)のストックROMがインストールされている場合、使用されている暗号化はAndroid 7.1と互換性がないため、保存されたデータを失う前提でDataをフォーマットする必要があります。


その後Wipeの『Advanced Wipe(高度な消去)』から、Dalvik Cache/ART Cache、System、Data、Cacheを消去。
Screenshot_2020-08-31-17-32-00.png

なんのエラーも出なければ良いが、マウントできないとか赤字のエラーが出たら
『Setting(設定)』で『Use rm -rf instead of formatting(初期化にrm -rfコマンドを使う)』にチェックを入れて再度Advanced Wipeを実行。
これはファイルを削除するだけで本来のフォーマットではないが、これを1回した後通常の消去をするとなぜか成功する。(※TWRP 3.2.3-0の場合のみ)
Screenshot_2020-08-31-17-31-24.png

またAdvanced Wipeで、Dalvik Cache/ART Cache、SystemとData、Cacheを分けて消去するとか、1個ずつWipeすることで終了までたどり着くこともある。
これらも失敗するようなら『fastboot format cache』でキャッシュを削除することでWipeがうまく動くようになる…こともある。


lineage-17.1-20200601-UNOFFICIAL-TB8704.zip
open_gapps-arm64-10.0-full-20200825.zip
上記をMicroSDカードにコピーし『Install(インストール)』を実行。
別に本体にコピーする手段があればそちらでも良い。
Screenshot_2020-09-02-21-28-32.png
プログレスバーが表示されなかったり、フリーズしているように見えても10分程度は様子を見る。
電源ボタンを押して消灯を繰り返したり、音量-&電源ボタンでスクリーンショットを撮影しているうちに進むこともある。
10分たってもフリーズ状態なら電源長押しでリセット&FastbootからTWRP起動のやりなおし。

Lineageのインストールが終わった後に再起動せず、続けてGAppsをインストールして、終わったら画面左下の『Cache/dalvikの消去』ボタンを押して削除してから再起動。
Screenshot_2020-09-16-20-58-00.png

再起動前に聞かれる『TWRPのアプリをインストールするかどうか』は任意。
ちなみにLineageの初回起動後にGAppsをインストールすると、Lineage標準のTrebuchet launcherが再起動を繰り返して詰む。(ランチャーを変更すればワンチャン行けるかも知れない)

再起動するとLineageのロゴが動き始めるので5~10分程度放置する。
初回起動時のみかなり時間がかかるが、このスプラッシュスクリーンのループが10分以上続いたら失敗している可能性が高い。
IMG_20201126_115743.jpg


そのまま進んだらOK。
進まなかったら再起動時に音量+&電源ボタン長押しして立ち上がるメニューから『Wipe data/factory Reset』(データ領域消去/工場出荷状態リセット)をして再起動。
IMG_20201126_115643.jpg

再起動すると3~5分程度でLineageOSが起動する。
index.gif
上記のようにスプラッシュスクリーンの最後にLineageOSのロゴが完成すれば成功。

もしroot取得のためにMagisk導入する予定ならば、LineageOSの初回起動後セットアップ作業をせずに即電源を切ってインストールする。
Magiskインストール後はCache/dalvikの消去は押さないで再起動。
Screenshot_2020-09-02-19-02-21.png
Magiskインストールに失敗するならWipeでDalvik Cache/ART CacheとCacheを削除すると上手くいった。
再起動後にはアプリ一覧から確認のみ出来て、再々起動後にはドロワーからアプリの実行ができるようになる。

初回起動後Trebuchet launcherとPixel launcherを選ぶところで(Trebuchet launcherは再起動を繰り返すので)Pixel launcherを常時設定する。
ここまで進めばおおむね大丈夫。

ちなみに…LineageOS 16(Android 9相当)
lineage-16.0-20200320-UNOFFICIAL-TB8704.zip
上記ファイルのインストールは先に下のGAppsのインストールを試し、一度エラー20のマウントエラーが出ないとプログレスバーが進まなかった謎仕様(おま環?)。
open_gapps-arm64-9.0-full-20200823.zip
他にもTWRPから『Wipe(消去)>Cache』やfastboot画面を呼び出してコマンドラインから『fastboot format cache』を実行してキャッシュ削除したりすることで、インストールがあっさり成功することもあるので、cache削除や手順を入れ替えて試行錯誤はどのみち必要だと思われる。
root化もLenovo TAB4 8 plusの世代(新旧)によって手こずる場合があるという報告もあるので、試行錯誤をするのが面倒なら諦めた方が良いかも?


もし購入意欲が湧いたなら以下のリンクから購入して頂けるとブログ更新の励みになります。
楽天市場『Lenovo TAB4 8 Plus』アフィリエイトリンク
Art000.png
-----------------------------------------------
以下はAndroid 10で動かなくなったアプリを動作させるために必要だった資料参考
https://joaoapps.com/AutoApps/Help/Info/com.joaomgcd.join/android_10_read_logs.html

Join

Android10でJoinにあなたのクリップボードを読み取る権限付与するニーズに参加するには
AndroidデバイスがADBによって認識されていない場合は、そのドライバーをインストールする必要があるかもしれません。

ここから始めるのが良いでしょう。
https://developer.android.com/studio/run/win-usb

1.開発者モードを有効にします。Android設定->電話情報に移動し、ビルド番号オプションを探します。開発者モードが有効になるまで、何度かタッチします。
2.USBデバッグを有効にする:Android設定->に移動し、{開発者向けオプション}オプションを探します。そこで、USBデバッグオプションを有効にします。
3.PCにADBをインストールします。簡単な方法については、ここをチェックしてください。
4.デバイスをPCに接続:デバイスをPCに接続して、携帯電話を確認します。PCによる電話のデバッグを許可するように求めるプロンプトが表示されます。これを受け入れます。
5.解凍されたダウンロードを含むファイルフォルダーからコマンドプロンプトを開きます。これを行うには、Windowsキーを押してcmdと入力します。
プロンプトが開いたら、cdと入力してから、ダウンロードしたADBのフォルダーを入力します。
6.権限の付与:PCでコマンドラインを開き、これらの4つのコマンドを(一度に1つずつ)書き込みます
adb -d shell appops set com.joaomgcd.join SYSTEM_ALERT_WINDOW allow
adb shell pm grant com.joaomgcd.join android.permission.WRITE_SECURE_SETTINGS
adb shell pm grant com.joaomgcd.join android.permission.READ_LOGS
adb shell am force-stop com.joaomgcd.join

7.これによりJoinが閉じられるので、Joinを手動で再度開いて、正常に機能を再開できるようにします。

-----------------------------------------------
Clip Stack - Clipboard Manager(切り取り箱)

同様
adb -d shell appops set com.catchingnow.tinyclipboardmanager SYSTEM_ALERT_WINDOW allow
adb -d shell pm grant com.catchingnow.tinyclipboardmanager android.permission.READ_LOGS
adb shell am force-stop com.catchingnow.tinyclipboardmanager
-----------------------------------------------

OsmAnd(+) ver3.8.4非公式日本語音声公開

今回はtts版のみの更新です。
OsmAnd ver3.7.2以降に追加された高速道路などの出口番号および出口となる通りの名称の呼び分けがとりあえず出来るように対応しました。

OsmAnd384-1.jpg
(3.7)と(3.9)と(3.10)の正しい読み分けが出来るようになりました。
茶色い○の(3.11)と(3.12)はやや違和感が残りますが、案内としては通用するので今回はとりあえず放置です。

こちらから『OsmAndVoice_JP3.8.4-1_js.zip』をダウンロードし、OsmAndのVoiceフォルダに上書きして使用して下さい。
ちなみに公式日本語音声(TTS版)をアップデートすると公式のもので上書きされるので、そうなった場合は再度非公式版を上書きし直して下さい。
ja-ttsフォルダの中に非公式の日本語音声を別名で保存しておくとファイラーなどで簡単に直せるので便利です。


VOICEROIDを使った録音(ogg)版はこちらから『OsmAndVoice_JP3.7.2-1.zip』をダウンロードし、jp-uo_akariなどのフォルダをOsmAndのVoiceフォルダにコピーして設定から使用音声を変更すれば使うことが出来ます。

便利な機能が追加されるのは良いのですが、構造が複雑になるにつれアプリ本体と音声の日本語翻訳の労力がハンパじゃなくなってきました。
まぁ自分の思うように作れるのはいいんですがね。

幻想水滸伝のスタッフが集結!新作RPG『百英雄伝』に期待!

『百英雄伝』は見た目はOCTOPATH TRAVELERの様な3Dと2Dドットキャラが融合した、懐かしさを感じるJRPG。
100人もの仲間キャラクターが登場し、拠点を成長させたり、釣りや料理などのミニゲームが搭載予定で…幻想水滸伝じゃねーか!

どう見ても幻想水滸伝です。ありがとうございます!

スタッフは
村山吉隆 氏(幻想水滸伝I~IIIとアライアンス・アライブのシナリオの人)
河野純子 氏(幻想水滸伝IとIVのキャラデザの人)
小牟田修 氏(幻想水滸伝ティアクライスやRhapsodia~ラプソディア~のシステムデザインした人)
村上純一 氏(Castlevania 暁月の円舞などを担当したアートディレクション担当)

他に音楽担当として
桜庭統 氏(テイルズシリーズやスターオーシャンシリーズ担当で有名)
なるけみちこ 氏(ワイルドアームズシリーズで有名)
が参加するとのこと。

個人的に幻想水滸伝のIとIIがものすごく好きなこともあるけれど、ゲームを盛り上げる曲を同じく好きな2人が担当してくれるということで
自分のなかでは『約束された勝利の神ゲー』の予感しかしない。

日本語の解説ページを見ると手数料とグッズの製作費&発送費用で、集まった5~6割ぐらいのお金が飛んでいくそうだから
ゴールに設定した50万ドル(5000万円強)だと、ゲーム製作に使えるのは最悪だと2000万円ぐらいとのことらしい。
でも7/28に開始して7/30現在230万ドル(2億4000万円)集まっているから、最悪の6割減でも1億弱…ゲーム製作の足し以上にはなっているはず。

ゴール達成済み.png

『百英雄伝』は、まだお金が集まってプロジェクトの開始にゴーサインが出たばかりで、
今となっては3Dよりつくるのも面倒くさい2Dドットキャラクターをゴリゴリ動かすみたいだから、2年半近く待たされるのは覚悟の上。
真女神転生5やメタルマックス3を待っていたのに比べれば2022年10月完成予定なんてあっという間だと思う。

最低4000円から支援できて、ダウンロード版のゲーム本編が付いてくるから
幻想水滸伝ファン(とくにI・IIが好きな人)には応援して欲しい。

ただ支援にJCBのカードが使えないので、VISAやMasterCardかそれらのデビットカードを使うといいかも?

詳細はIGNの特集インタビュー記事や、Kickstarterのプロジェクトページ(日本語ページも有り)各サイトで。



チラシの裏

初めてのクラウドファンディング参加は『Indivisible』っていうヴァルキリープロファイルをリスペクトしたアクションRPGになる予定だったんだけれど、
当時公開されていた体験版をプレイしてみたら「これは期待していたのと違う…」と参加と支援を止めた経緯がある。
実際期間内にゴールに設定されていた金額まで届かず、勢いを感じられなかったことで参加しなくて良かったなと思っている。
あとキャラクターに『萌え』も『燃え』も『中二病(呪文詠唱とか)』も感じられなかったのも止めた理由の一つ。
まぁなんだかんだで無事発売されたし、いつかプレイはしてみたいと思っている。

OsmAnd 3.7.2および3.7.3対応非公式日本語案内音声更新(ただし旧形式の録音版のみ)

本当はjs版のTTS音声が完成してからアップロードするはずだったのですが
高速道路などの出口番号案内の新スクリプト周りが思った様に動作せず、しばらくどうにも出来そうにないので
旧形式の録音版案内音声のほうを更新しました。

と言ってもスクリプトなどは変更しておらず、音声として『紲星あかり』版が追加されただけです。
結月ゆかりの方が先だと思っていたんですけれどねぇ。

こちらから『OsmAndVoice_JP3.7.2-1.zip』をダウンロードし、jp-uo_akariフォルダをOsmAndのVoiceフォルダにコピーして設定から使用音声を変更すれば使うことが出来ます。

OsmAndのバージョンは3.7.2で確認を取りましたが、(さっきちょこっと確認した限りでは)3.7.3でも動きました。
Android版のみ対応で、iOS版はファイル管理構造が違うので使えません。



カラオケJOYSOUND for Nintendo Switchのレビュー

カラオケJOYSOUND for Nintendo Switch

UI.jpg

・操作性
WiiUのリモコンは見た目からして『キョクナビ』(DAMだとデンモク)なので、カラオケ店と同じような曲選択ができた。
それに対しSwitch版は、リモコンを片手で操作こそできるものの、文字入力はガラケーのそれに近く、WiiU版より入力には時間がかかるのがデメリット。

けれどスマートフォンやタブレット用アプリ『キョクナビJOYSOUND』を使えばカラオケ店同様、各利用者それぞれが自分の端末から曲検索や予約ができるのでWiiU版よりパワーアップしているとも取れる。
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.xing.spnavi
https://itunes.apple.com/jp/app/id502359087


カラオケ店のキョクナビやWiiUのタッチパネルは感圧式なので反応が遅かったが、スマートフォンやタブレットは静電容量方式なので、WiiUやカラオケ店の端末よりもスムーズに操作可能な点がメリット。
むしろカラオケ店で『キョクナビJOYSOUND』を使うときより曲転送などの反応が早い、何故だ?

・背景画面
選択可能なのは以下の4種類
カラオケムービー(よくある実写映像やCGなど歌詞に応じた動画が流れるタイプ)
Miiステージ(Miiが任意のステージで踊るタイプ)
スペシャルムービー(ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド、ゼノブレイド2、スプラトゥーン2などSwitch用ゲーム動画)
ビジュアライザー(音に合わせてCGが生成される以下の画像のようなタイプ)
カラオケ.jpg
残念ながらWiiUにあったSDカード内の画像を背景として再生する機能はなくなってしまった。
SDカード内にその楽曲と関係のある画像を事前に入れておき、表示されることで盛り上がれなくなってしまったのは残念。

・値段
3時間330円、24時間550円、30日1540円、90日3080円で歌い放題となっている。
チケット代はWii版より値上がりしたが、消費税増税や今まで10年近く変わらなかったことを考えれば致し方ないだろう。
たまに無料開放デーや割引(90日2200円とか)がある点は嬉しい。

・採点
マシンスペックが上がったことで、こぶし、しゃくり、ビブラートなどの反映が良くなったように感じる。
だが適当に歌っても80点を超えることが多く、以前より採点基準が甘めになっているようにも感じた。
逆に音程だけで90点を超えることが難しくなっているようにも感じたので、良し悪しは人によって違うかもしれない。

採点.jpg

・対応マイク
USB接続なら大抵のマイクが使える(と予想される)、WiiやWiiUで使っていたものを使い回すことが可能。
初期Wii用の白いマイクも使えた。

・配信
昔に比べると最新曲の配信が遅くなったような気がする。
かつてはCD発売の翌日には登録されていたが、
今では家庭用だけ1ヶ月遅れることがしばしばある……ような気がするだけでもしかしたら勘違いかもしれない。
それと配信されたと思ったら数日後に無かったことになったり。
歌えるのだけれど、アプリ側でグレーアウト表示される曲(=家庭用には配信していないよ)がある。
直近では『ハナビラ音頭』がそれで、普通に検索すると出ず、アプリ上ではグレーアウト、
りれきからたどると歌うことはできるという妙な状態。

カラオケ非対応.jpg
歌える不思議.jpg


■まとめ
機能的にはWiiUのほうが多機能だが、今後はWiiUのサービスが先細りしていくし
曲の検索しやすさは個々にスマホやタブレットが使えるSwitch版が勝る。
(PS4のJOYSOUND.TVは論外)

ちなみに携帯モードではUSBマイクがさせないので、USB端子のあるNintendo Switchドックと接続しないとカラオケは機能しない。
ドックと接続できない、持ち運び専用のNintendo Switch Liteではカラオケは無理だろう。

ずんだをキメたくなったので、格安冷凍枝豆でずんだ餡を作った

「ずんだ餅食べたい…というかずんだキメたい!
だが近場のスーパーでは、お彼岸などおはぎやぼたもちの季節でないと
ずんだ餅(ずんだ餡のおはぎ)は売られない。

業務スーパーの冷凍食品なら
『冷凍ずんだ餅 1kg』が売られているけれど
同じシリーズの『冷凍ごまだれ餅 1kg』にくらべると枝豆の風味が薄くて
ずんだ餡特有のパンチがなく、肝心のずんだキメた感が得られない。

楽天市場で売られているずんだ餡の安いヤツは白餡が混ぜられていて、こちらもずんだ感が薄いとのこと。

送料含めて2000円前後出せるなら、本場のまともなずんだ餅が食べられるが、さすがにその値段だと躊躇してしまう。

「無いなら作ればイイんじゃね?」
業務スーパーには500g187円の冷凍むき枝豆があったので、レシピを参考に作ってみることにした。
01-zunda.jpg

参考にしたのはここここここ

2020-03-02追加画像、ずんだ01.jpg

沸騰したお湯に塩ひとつまみ入れて枝豆を投入し解凍。
たっぷりの水を入れたボールに移し、豆をこすりながら薄皮をむき、水に浮いた薄皮を取りのぞく。
むき終わったらしっかり水を切ってからすり鉢に移す。
02-zunda.jpg

枝豆の薄皮をむき忘れるとゴリゴリとした食感になり、美味しくならないと
迷作アニメ『ずんだホライずん』でも語られていた(?)ので
今回は薄皮を丁寧にむき、すり鉢で愛情込めてつぶす方法で製作。
(あとで皮付きのものをフードプロセッサーで作って比較実験する予定)

冷凍なので完成時の風味が劣るかな?と思っていたけれど、実際につぶす段階では枝豆の良い香りがただよい「これはイけそうだ」と確信。
03-zunda.jpg

さまして薄皮をむいた枝豆重量の30%の重さの砂糖を鍋に入れる。
20cc程度の水で溶かして、弱火に掛けながらつぶした枝豆を投入。
蜂蜜や水あめを入れると照りが出て見た目も良くなるとのことなので、蜂蜜を大さじ一杯程度投入。
焦げないようにマメに混ぜながら水分を飛ばす。
水っぽさを感じなくなるまでチビチビ味見しながら加熱。

04-zunda.jpg
500g187円の冷凍むき枝豆ながらもしっかりと枝豆の味がする、格安ながら満足度の高いずんだ餡の完成。

スプーンいっぱい食べればバッチリずんだキメた感が味わえるので
ずんだジャンキーの東北ずん子もこれにはニッコリするに違いない。
\(ず・ω・だ)/


※2020年3月2日追記

ずんだ餡を薄皮をむかずに作ってみた。
すり鉢で切りつぶすのは無理なのでフードプロセッサーを使った。
それ以外はほぼ前回と同じ。

ずんだ02.jpg

結果…ざらざらした非常に食感の悪いずんだ餡ができた。
風味や味は悪くない、だが決定的に食感が悪い。
そのまま食べたり、東北ずん子の太もものようなモチモチしたお団子や煮餅につけて食べるには相性が悪い。

ずんだ03.jpg

カリカリに焼いたトーストに乗せて食べればさほど気にならないが
焼いてない食パンややわらかいパンとは相性が悪そう。

ずんだ04.jpg

もやしのひげ根や芽を取る同様、手間掛けたほうが美味しいね。

でも冷蔵庫で冷やして食感が固くなったらざらざら感はさほど気にならなくなった。
この辺も冷たくなったもやし同様で、食べ方次第に感じた。

通販に頼らなくても、手軽にずんちゃん…ずんだ餅が食べられると分かったので満足。

Thunderbirdでフィルターに正規表現が使えるプラグイン『FiltaQuilla』の自分用覚え書き(という名目の解説)

Thunderbirdでフィルターに正規表現が使えるプラグイン『FiltaQuilla』は
正規表現を使ってフィルターで複数条件にマッチする便利な記述が出来るのだけれど
[Subject Regex Match]の件名は直感的に使えるけれど、[Header Regex Match]のルールが不明という困ったちゃん。

まぁ調べれば件名や送信者とマッチさせかたぐらいは色んな人がブログなどに覚え書きしているので問題ない。
けれどそれ以外のものについては公式サイトにすら書かれていないようで…。

仕方がないので以下のワードを一つずつ総当たりで調べてリストアップしてみた。
Header Regex Matchで使えるのは以下のもの、ただしすべてが判明したわけではない。
“subject”, “sender”, “message-id”, “references”, “recipients”, “date”, “size”, “flags”, “priority”,
“label”, “statusOfset”, “ccList”, “bccList”,
“msgThreadId”, “threadFlags”, “threadId”, “threadSubject”, “msgCharSet”, “threadParent”,
“junkscore”, “junkpercent”, “junkscoreorigin”, “threadNewestMsgDate”,
“msgOffset”, “offlineMsgSize”
FiltaQuilla公式サイトより引用
http://quickfilters.mozdev.org/filtaquilla.html


オチを先に言っておくと『Header Regex Match』と書かれているけれど
参照しているのは各メールのヘッダーではなく、Thunderbirdのヘッダー情報などが納められている引数を調べている模様。

以下のサイトを見たらリストアップしてあった引数一覧が上のものと合致したのでほぼ間違いないと思われる。
Thunderbirdの要約ファイルやアドレス帳ファイルの内容を読む方法
https://www.clear-code.com/blog/2014/5/21.html


しかも一部を除いてぱっと見で分からない数値に置き換えて格納されているものもあるから…そりゃマッチしないわけだよ。
(´・ω・` )

以下がFiltaQuillaのHeader Regex Matchで使えるキーワード一覧と、その対応メールヘッダー
・subject
Subject
件名、Subject Regex Matchを使えば『subject:~~』と指定しなくて良いので楽。

・sender
From
送信者はSenderってヘッダーもあるけれどFromのみ参照

・message-id
Message-ID

・references
References
Message-IDをベースにした返信履歴(関連メール)の確定やスレッド表示使う

・recipients
To
いわゆる宛先

・date
Dateと思われるがマッチせず。
https://www.clear-code.com/blog/2014/5/21.html
上記サイトを見ると実際の格納値は"date": "53607898"なっており
ぱっと見でUnixtimeとも違うし…なんだこれ?
>2020/02/19 17:48:37
>Wed, 19 Feb 2020 08:48:37
故に上記のような一般的表記や、ヘッダーに記述されているような書式ではマッチしない。

・size
Content-Lengthだと思われるが未確定
Content-Dispositionのsize=ともマッチしない。
メール容量(ボディの実態サイズ)を示すらしいが一部のメールサーバー以外は付与しないらしい。
参考にしたサイトを見るに"size": "43c"とあるので、16進数で格納しているものと思われる。

・flags
不明
Content-Typeではない

・priority
X-Priority
送信優先度で3を通常として1(高)~5(低)で示す…のだが実際のヘッダーに記載されている数字と逆に
priority:6なら1が、5なら2が、4なら3が、3なら4が、2で5が、1でX-Priorityの項目のないメールがマッチする。
priority:[3-6]ならX-Priority:1~4までがマッチする…Thunderbirdはなんでこんな方法で格納しているんだ?
MS製品オリジナルのX-Msmail-Priorityは参照しなかった。

・label
不明
Thunderbird 1.5で廃止されている?

・statusOfset
不明
status Offsetなのか、status of setなのかアドオン作者も分からない様子、スペルミスではない模様。
参考サイトを見ても数値の意味は分からず。

・ccList
cc

・bccList
bcc
メール送信後にはBCCは消えるはずだが、ソフト側の仕様やバグでヘッダー内に情報が残る場合もある模様。
例としてはX-MS-Exchange-CrossPremises-BCCがあるがこちらは参照されず。

・msgThreadId
不明
Thread(スレッド)と書かれているヤツはおそらくメールをスレッド表示するために必要な
References関連の文字列を検索するためのものと思ったのだが、参考サイトでは352と短い数字だったから多分違う。

・threadFlags
不明

・threadId
不明

・threadSubject
不明

・msgCharSet
charset=
大小文字を区別する仕様なのでcharset=iso-2022-jpとcharset=ISO-2022-JPを同一視するなら
『/iso-2022-jp/i』と両端をスラッシュで囲ってiで大小文字を無視するよう正規表現で設定する。

・threadParent
不明

・junkscore
不明
0または100で評価するらしい。引数がなければ0なのかな?

・junkpercent
不明

・junkscoreorigin
不明

・threadNewestMsgDate
不明

・msgOffset
不明

・offlineMsgSize
不明
オフライン時(リモートコンテンツを含まない)メール本文容量と思われるが指定方法不明。
Content-Lengthともマッチせず。
参考にしたサイトを見るに"offlineMsgSize": "38d"とあるので、こちらも16進数で格納しているものと思われる。


・上のリストの使い方
例えばメールのFrom(送信者)ヘッダーにあるhogehoge123.comやhogehoge777.comなどの『hogehoge(任意の数字3桁).com』をHeader Regex Matchでマッチさせたいなら
上記の中のsenderを使って『sender:hogehoge¥d{3}¥.com.』というふうに指定する。
Header Regex Match.png


実際のヘッダーと格納数値がどう結びつくのかが非常に分かりづらく
今の知識量では対応表を作るのは難しそうなので、これで一旦終了とする。

マッチしない理由がはっきりしたので満足。
とりあえず迷惑メールや不要な広告メールを正規表現フィルターで振り分けできる程度に理解できたのでOKとする。

iOS版OsmAndアプリ翻訳完了のお知らせ

ぶいちゅっば!

OsmAnd(カーナビアプリ)iOS版の日本語翻訳がおおむね終わった。
翻訳が反映されるのはおそらく次のメジャーアップデート時だと思われるが
iOS版はAndroidと違って反映が早いといいね(希望的観測)

iOS.jpg

翻訳到達度が96%前後なのは、FacebookとかOsmAndとかWikipediaなど原語の固有名詞で翻訳の必要性が薄いものとか
~of~だけで訳しようがないとか、セール情報とか訳すための文字列が足りなすぎるものとか
そういったものが5%程度あるので100%には届かず。

Android版はかつて原語が空欄になっているものがあった所為で、どうやっても100%にならないという例もあったので。
iOS版も96%翻訳されていれば、普通に使う分には問題ないと思われる。

Android版も気になった部分をちょこちょこ直した。

OsmAndの日本語音声とアプリの日本語翻訳に関するお話

無料版のOsmAndと有料版のOsmAnd+のバージョンが3.5.3に上がっていますが、音声案内用言語ファイルに変更はないため3.3.3用のものがそのまま使えます。

3.4.xから3.5.xにバージョンが上がった際に設定画面他UI(ユーザーインターフェイス)が大きく変更になり、言語リソースにも大きく手が入りました。

アプリ側もNightly buildで変な訳や誤訳の部分を確認しながら修正しましたが、Google Playなどに公開されている正式アップデートではメジャーバージョンアップしないと修正した翻訳部分が反映されないため、バージョン3.x.xの間は反映されずバージョン、4.x.x以降にならないと反映されないと思われます。

OsmAnd翻訳と未翻訳例01.jpg

OsmAnd翻訳と未翻訳例02.jpg

(今までもそうで、先日3.4.xから3.5.xに上がった際もそうだったので…)

アプリ側のOsmAnd日本語化進行状況

まず、こちらが公式最新版のバージョン3.4.8の各種設定画面
OsmAndOld設定画面_B.jpg

こちらがBeta版ビルドのバージョン3.5.0各種設定画面となっています。
OsmAndNew設定画面_B.jpg

OsmAndアプリも増設改築で設定画面がゴチャゴチャしてきたから、わかりやすく構築し直すこと自体には賛成なんですけれどね。
翻訳するには一旦アプリを起動して、その用語がどういった状況下で使われるかも実際に試してみないと、適した翻訳ができないわけです。

機械翻訳でもいいんだけれど、元々自分が使いやすいようにカーナビとしてわかりやすさを第一に意訳も行っているので、最新版も実際に色々いじってみないと適した翻訳が出来ないわけなっているのです。

無料版に表示される広告なども開発者用プラグインで再現できるので、
「音声とアプリの翻訳チェックは有料版のOsmAnd+だけでもいいかなぁ」と思っていたのだけれどそうはいかなかったというオチです。

なんでわざわざそんなことをブログで公言するかというと、私基本怠け者なので公言して誰かの視線があるかもしれない…と思わないと日本語訳のモチベーションが保ちづらいのです。

まぁこんなへんぴな個人ブログ見ている人は少ないと思いますけれど!

ゲームを堪能

ゼノブレイド2_A.jpg
ゼノブレイド2_B.jpg
いつかやろうと思っていてソフトだけ先に確保していた『ゼノブレイド2』のゲーム本編や出来はもちろん、キャラクターモデリングも堪能してニヤニヤ。(ゼノブレイドクロスの時も似たようなことやってたなぁ…)

Borderlands3_B.jpg
Borderlands3_A.jpg
玄人志向の18,000円のRadeon 590のオマケでもらった『ボーダーランズ3』を「あー…この世界はやっぱりイかれてるわぁ」と当時を思い出し。

カラオケ_A.jpg
カラオケ_B.jpg
新しい家庭用カラオケの『カラオケJOYSOUND for Nintendo Switch』の1ヶ月チケットを買って(レビュー用に)色々試しながら歌ってみたり。

まぁゼノブレイド2が本命で、後は息抜きなんだけれどフォールアウトニューベガスを作った会社から出る『The Outer Worlds』も楽しそうなんだよなぁ。
『ライザのアトリエ』もモデリングが超気になるんだよなぁ。

もうちょっと頑張って仕事して生き抜こう…。

新しい(オマケ付き)グラフィックボードを購入!

今のグラフィックボードは『MSI Radeon R 390』、AMDのグラフィックボードとしては2019年の今でもハイエンドの部類で十分通用するんだけれどとある事情で買い換えを考えていた。
そんな時見つけたのが『玄人志向 Radeon RX 590』
グラボ.jpg
R9 390と比較するとベンチマーク上では15%増しの性能、値段はAmazon.co.jp販売品で¥18,538 。

これの同等の性能を持つNVIDIAのグラボだと『GeForce GTX 1060』か『GeForce GTX 1660』で、価格は¥25,000~¥31,000、性能はRX 590のほうが少し上、対価格性能比のコスパは圧倒的にRX 590の勝ち。
メモリ8GB搭載の『GeForce GTX 1070』には性能は少し負けるけれど、そちらは価格が¥35,000~¥40,000強なので、(消費電力以外の)コスパはRX 590の勝ち。

もちろん玄人志向のRD-RX590-E8GB/OC/DFが一番安かったのも理由の一つだけれど、AMDの次世代GPUはFluid Motionが使えないようになっていると聞いたので正式対応しているRX 590のほうを選んだのだ。
Bluesky Frame Rate Converterでも有効化できない事例も聞いていたし、60FPS化でヌルヌル動画を一度味わってしまうと戻れないのだ。
まぁ『SVP』使えばソフトウェア補完できるから、実際はそこまで困らないのかもしれないけれど。

FF14のベンチマークで9.3%増し程度…1割増しには届かないけれど1.8K円のグラボが4.2K円のグラボより性能良ければ充分満足。

Radeon R9 390_FF14BM.png

上がR9 390で下がRX 590

Radeon RX 590_FF14BM.png

あんまり安かったので「もしかして中身のメーカーCOLORFUL(粗悪品で有名なメーカー)とか?」とポチってから気になったけれど、どうやら中身のメーカーは『PowerColor』だった。
AXRX 590 8GBD5-DHD_BOX_CARD.JPG
画像引用:PowerColor公式サイト
https://www.aiuto-jp.co.jp/products/product_2514.php

こちらが玄人志向のRX 590
玄人志向 AMD Radeon RX590 搭載 グラフィックボード 8GB デュアルファンモデル RD-RX590-E8GB/OC/DF
玄人志向 AMD Radeon RX590 搭載 グラフィックボード 8GB デュアルファンモデル RD-RX590-E8GB/OC/DF
外見も今はもう珍しいDVI端子端子がついてるのも一緒。
ちなみにPowerColorさんは、一流…とは言わないけれどグラボメーカーとしては安くてそこそこの信頼性がある定番メーカー。

そのうえ『AMD 50周年記念』で、指定のグラボを買うとゲームをもらえるキャンペーンの第2弾を開催していて2019年12月31日(火)までなら、3~4つの中から選んで一つもらえるという太っ腹!
Borderlands3が欲しかったので、買わない手はないと急ぎポチったのだ。

本当はThe Outer Worldsが欲しかったのだけれど、そっちはCPU買う必要があるからね。
…CPUも買い換えるか?(-_- )

Switch用廉価ワイヤレスコントローラー『AnvFlik』のレビュー

バッテリー増量版Nintendo Switchを買うにあたって
「純正もHORIもワイヤレスパッドの出来がいまいちなので、中華製パッドを使い捨てしたほうがマシだよ」
と言う話を家族から聞いたので、ネットで調べて候補を絞った。

外見と仕様からオススメ順。

1.『JYS-NS126』または『AnvFlik』
アナログスティックが純正やXbox準拠で使いやすそう(ただし-、+、SS、HOMEを混同しやすい)
AnvFlik ニンテンドースイッチ対応 Switch コントローラー 無線/加速度センサー/ジャイロセンサー/連射/振動 バージョン9.0.0対応 ゲームパット ワイヤレス 日本語取扱説明書 一年間保証 任天堂/PC対応
AnvFlik ニンテンドースイッチ対応 Switch コントローラー 無線/加速度センサー/ジャイロセンサー/連射/振動 バージョン9.0.0対応 ゲームパット ワイヤレス 日本語取扱説明書 一年間保証 任天堂/PC対応

2.『DinoFire』
スティックはDUALSHOCK系-、+、SS、HOMEは押しやすそう。(OとTキーでもしかして片方は連写モード切替キー?)
2019年最新版 Switch コントローラー DinoFire スイッチ コントローラー プロコントローラー Switch 任天堂 対応 スイッチ コントローラー
2019年最新版 Switch コントローラー DinoFire スイッチ コントローラー プロコントローラー Switch 任天堂 対応 スイッチ コントローラー

3.『8BitDo N30Pro2』
クラシック風だが必要なボタンは揃えている、グリップはしづらそうでSS、HOMEがやや押しづらそう
Mcbazel 8Bitdo N30 Pro 2ワイヤレスBluetoothコントローラWindows / Android/macOS/Steam/Switch/Raspberry Piに対応 収納袋付き
Mcbazel 8Bitdo N30 Pro 2ワイヤレスBluetoothコントローラWindows / Android/macOS/Steam/Switch/Raspberry Piに対応 収納袋付き

4.『BEBONCOOL B41』
類似品やロゴの無い明らかな偽物がある。SSボタンがなく-&Bボタンで代用しなくてはならない
「2019最新版」Switch コントローラー BEBONCOOL 「ジャイロセンサー搭載」Nintendo にスイッチ コントローラー HD振動Switch 8.1.0対応 Bluetooth 接続ワイヤレス Nintendo Switchに適用 プロコン 任天堂 スイッチ にコントローラーSwitch Pro コントローラー
「2019最新版」Switch コントローラー BEBONCOOL 「ジャイロセンサー搭載」Nintendo にスイッチ コントローラー HD振動Switch 8.1.0対応 Bluetooth 接続ワイヤレス Nintendo Switchに適用 プロコン 任天堂 スイッチ にコントローラーSwitch Pro コントローラー

Q1. なぜこの4種類を候補に絞ったorオススメなの?
A1. Switchの本体アップデート時認識されなくても、アップデートで再認識するようになった実績があるから

Q2. JYS-NS126(AnvFlisk)が一番オススメなのはなぜ?
A2. アナログスティック配置がSwitch純正パッドに最も近く連射機能(ターボ)があるから

Q3. JYS-NS126にはデメリットは無いの?
A3. ボタンを混同しやすい外にアップデート用のUpdatetool.exeが公式サイトのURLから削除されている
-----------------------------------------------
・JYS-NS126(AnvFlik)
http://www.jysinc.cn/product/html/?284.html
FWダウンロード(Switch 7.0.1以上)…ただしUpdatetool.exeが見当たらない
http://www.jysinc.cn/page/Service/controller.php

一応(2019年9月29日現在)以下のURLからUpdatetool.exeを拾ってこられる。
https://drive.google.com/open?id=1mziRL3Of-iquus_6dwAJ9hEGjRKTyUIl
(URLは公式の過去キャッシュより発掘)

・ボタン配置
Xbox系配置(ZL、ZRトリガーはDUALSHOCK風)
連射(ターボボタン)対応

・使用感
振動機能はDUALSHOCKやXboxOne&PC用パッドのような従来系のもので
Switch純正の『HD振動』のような細かいニュアンスを表現できるタイプではない。
ジャイロ機能は使っていないので不明。
使用可能時間はおおむね仕様通りの6時間程度。
無操作時間4分20秒程度でスリープモードに入るので、長めのイベントシーンだとスリープしてしまうことがある。
(イベントシーンなどではスキップに影響しないスティック操作などでスリープ回避をする必要がある)
HOMEボタンでの本体起動は不可(純正以外本体起動は非対応がほとんどの模様)

仮画像.jpg

とりあえず本体バージョン9.00でも普通に動作しているので問題なし。
Switch純正Joyコンのカチカチした押し心地のボタンよりこっちが好き。


以下の情報は参考までに。
ファームウェアアップデートが期待できそうなら以下のパッドにこだわる必要なし。

-----------------------------------------------
・DinoFire
http://www.dinofire.com/jp/product-detail/switch-controller/
FWダウンロード
http://www.dinofire.com/upgrade/

・ボタン配置
スティック配置はDUALSHOCK系
振動の調整機能、ターボ機能あり
動作時間は10時間程度
-----------------------------------------------
・8BitDo N30Pro2
https://support.8bitdo.com/
・サイバーガジェット版
https://www.cybergadget.co.jp/products/4544859028588/
FWダウンロード
https://support.8bitdo.com/

・ボタン配置
クラシックゲーム+スティックがDUALSHOCK系配置
その他ボタン(-、+、HOME)は側面
ターボ機能があるのだがSwitchでは使用できない模様
-----------------------------------------------
・BEBONCOOL B41
https://amzn.to/2RfDDt9
FWダウンロード
http://www.beboncool.com/jp/upgrade/

・ボタン配置
スティックはDUALSHOCK系配置
スクリーンショットボタンなし(-&Bボタンで代替可能)

OsmAnd 3.4.4にアップデートでついに!?

高速道路や遠距離では必要時間がおおむね正確に出ていたが、
下道や近距離では計測方法が信号の少ない諸外国ベースだったために実際の半分ぐらいの時間が表示されていたOsmAnd。

ついに想定走行速度を設定できる機能が付いた!
微調整が難しいけれど、これで下道を走ってもおおむね実時間に近い値を出すことができるようになった。

Screenshot_20190724-203217.jpgScreenshot_20190724-203217.jpg

……うん、機能が増えるとアプリの日本語訳部分が増えるので喜び半分といった感じ。

ランス10-決戦-実績コンプリート!!

ランス10-決戦-

1207時間かかってようやく実績をコンプリートできた。
食券は引き継ぎをさっさとやっていれば1000時間は越えなかったかもしれない。
無駄な時間を過ごしたとは思わない。
画像

画像


だってRanceだよ?Rance!

1作目こそプレイしていないけれど、Rance2のフロッピーディスクのデータを変換して
ユーザー作成の独自ツールでMS-DOSプレイしたRance2からのユーザーだよ?

ALSMIDIをつかって音楽をMIDI化し、SC-55mk2の良音源でプレイできるRanceシリーズですよ?

鬼畜王の高難易度が嘘のような簡単ゲームのRance9から、セーブロードが必須になったRance10ですよ?

目をつむれば思い出す……ピンクのフロッピーディスク、Rance4のためにHDDを買ったこと、かなみ盾。

シナリオデータとADV.COMを改造しチートアイテムとモザイク解除を……ゲフンゲフン。

あれADV.COMの改造で外れるのはDALKで、闘神都市とRanceはシナリオデータの改造とAキー押せば良いんだっけ?

回想はともかく、当初の目標は達成したのでもうゴールしても良いんだけれど「バスワルド」の全裸カードは取得したいなぁ。

初めてのVR……結果は散々だった(T-T )

流行から遅れること数年……数年?
VRを試せるネットカフェで、FOVE(のVirtual Gate)を試してきた。

「眼鏡は外して使用してください」との事だったので、眼鏡を外して装着。
位置を適切にバンドをしっかり締めればとりあえず眼鏡なしでも見られることは見られる。

ただヘッドホンを別途つけなければいけないのが面倒くさい。
好きなヘッドホンが使えるようにという配慮なのだろうけれど、ちょっと面倒だなぁ。
HMDと一体型か、HMD側にステレオ端子があるほうが良いのかも。

周りを見回せるのは思いのほか楽しく、特にホラーゲームはマジで怖い。
没入感が高すぎるのも考え物だなぁ。

そして最も印象に残ったのは……VR酔い

2~3分見ただけで頭がクラクラして気持ち悪くなってくる。
自分や周りが動かなくても酔うという経験は初めてだった。

慣れで軽減できれば良いのだけれど、そうでないなら自分にはVRは向いてないのかもと思った。
ぎゃる☆がんVRの体験版やりたかったんだけれどなぁ(´・ω・`)

OsmAnd(+) ver3.3.3非公式日本語音声公開

先日OsmAndの3.2.7ベースで日本語音声スクリプトを仕上げたが、
その数日後にOsmAnd側がアップデートされ3.3.3になっていた。(T-T )

幸い使用している音声スクリプトに変更はなかったので、マニュアルのバージョン数字だけ置換して公開します。

Android用カーナビゲーションアプリ
Maps & Navigation OsmAnd の非公式日本語音声


チェック環境はAndroid版アプリのみです。
iOS版はそもそも(指定のフォルダにファイルだけをコピーするとか)対応しているかどうか不明なので分かりません。
こちらがチェックしたのは以下の環境です。
Maps & Navigation OsmAnd+ (有料版) 3.3.3
N2 TTS(TTS読み上げエンジン)

チェックはしていませんが無料版の『OsmAnd』でも今までは使えたので多分使えると思います。


非公式日本語音声のダウンロードはここから
※ファイル末尾に_jsが付いている方が新しい音声スクリプトを使った物です。

OsmAnd側の仕様変更に伴い、旧バージョンのxxxx.pのスクリプトファイルを使う物と
新しいxxxx.jsのスクリプトファイルを使う物とでアーカイブを分けました。
新しい物を使いたい場合はファイル末尾に_jsが付いた方をダウンロードし、
OsmAndのデータフォルダ内にあるVoiceフォルダの
公式日本語音声が入っている[ja-tts]フォルダごと上書きコピーして下さい。
その際公式の日本語tts音声は使えなくなるので、バックアップを取っておくか
元に戻したいときは非公式版を[ja-tts]フォルダごと削除し、公式の日本語音声を再ダウンロードして下さい

無料版でチェックしていないのかとか、何が変わったのかはアーカイブ内の[Readme(共通マニュアル).txt]をご参照下さい。