Windows Developer Preview(Windows8)

Windows 8の開発者向けをダウンロードしてインストール
Windows 7 RC1版の時と(思い出しながら)比較。

一度ログオン後の再起動で
ログオン画面が出るまでは早くなってる、これが例の高速起動の恩恵なのかは不明
(大半のデバイスドライバの認識を飛ばしているだけかも)
パスワードの入力後ログオンから操作可能になるまでしばらく時間がかかる、ここはマシンスペックの限界?
デバイスドライバを認識していないと書いたとおり、オーディオとイーサネットアダプタを認識せず
よってWin7 RC1ではすんなりネットに繋がったが、Win8 DP版ではネットに接続できず。
一つ一つの挙動の際エフェクトが掛かる所為か、設定で軽くしたWin7RC1版より挙動が遅い。
(Win8 DP版は英語なのでどこをどういじればエフェクトを切れるか分からなかった)

AthlonXP 1800+とメモリ1GBでエアロかけらないようなオンボードGPUで
正直インストールすら出来ないかと覚悟していたけれど動いただけでも驚き。

世間では色々言われているけれど、色々刷新してあるのが面白い。
SP当たれば安定するんだからWin8をいじってみたいなぁと欲求が出てきた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック