FFmpegでJOYSOUND DiVE用動画に変換メモ

コマンドラインから
ffmpeg -i [変換元ファイル名] -an -qscale 3 -vtag DIVX -vcodec libxvid [変換先ファイル名]

とりあえずこれで問題なく再生可能
アスペクト比がおかしい動画なら
ワイドの場合 -aspect 16:9
ノーマルの場合 -aspect 4:3
と追加で指定する

公式推奨が以下の項目
形式→AVI 1.0(.avi)
コーデック→DivX(FourCCがDX50だと再生できません。)
 -vtag DIVX -vcodec libxvid(DivXに偽装したxvid mpeg4エンコード)
ビデオサイズ→1280x720推奨
 320x240(4:3)の動画でも再生可能、無理に大きくする必要は無し
 ワイドの場合 -s 1280x720
 ノーマルの場合 -s 800x600
 とサイズ指定変換できるが元の動画の解像度が小さい場合ファイルサイズがでかくなるので注意
オーディオ→オーディオトラックなし
 -an
フレームレート→29.97fps
 -rオプションで指定できるけれど動画によっては再生速度が変化するので無理に29.97にする必要は無さそう
ビットレート→2000kbps前後推奨
 推奨なだけで514kbpsや3025kbpsでも再生できた。
 -qscale 4か5ぐらいでいいかも、お好みで。

再生は曲が終了した時点で終了
曲の方が長ければループでくり返し再生。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック