話題の進撃の巨人読んでみたが合わなかった話

BAKUMANのプロットと説得力を生かしきるのに小畑先生の画力が必要なように
作品を面白いと思わせるのに必要な画力が漫画それぞれあると思うけれど
進撃の巨人は集中線効果線コマ割り等の使い方が、内容を生かすレベルに足らず
アクションシーンのコマとコマの間の登場人物の動きが読み辛い。
(せっかくの立体機動がどういう動きをしているのか読者側が理解しづらい)
コマ割りが単調なので登場人物の心境の変化、起伏も画からすっと入ってこない。

巨人に小さな人間が創意工夫で立ち向かうというテーマも
ワンダと巨像というのがあるのでそこまで斬新と言えず…。
漫画が好きで読むのに馴れている人ほど、
「この漫画がすごい!」の1位というのを信じて読むと、ちょっと戸惑ってしまうんではないかなぁ

結論:『~がすごい!』のランキングは当てにならないなぁという話


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック