KENWOOD Music Editor Lightとその機能

KENWOOD用カーオーディオの曲検索を
『フォルダ&ファイル参照型』から『タグ検索型』に変更するデータベースを
SDカードやUSBメモリに追加するツール
Androidスマホ等ならKENWOOD Music Control(Google Playより無料)を使用した方が早い
…Android搭載ウォークマンはどうなんだろう?

閑話休題
カーオーディオが日本語表記対応していないとタイトル検索時に曲名が表示されないので
日本語表示の出来る対応機種でないと本領発揮しないソフト。

USBドライブの項目にUSBメモリやSDカードが表示される
SDカードでもアイコンはUSBメモリのままなので
ドライブ名とボリュームラベルを参考にすると良い

フォルダ階層は1~5まで選択可能
指定したフォルダの上位階層をデータベースに追加しない
2と指定したらルートフォルダとその直ぐ下のフォルダ内の曲はプレイリストに追加されない
指定した曲数以下のフォルダをデータベースに追加しない機能
上限曲数は10,20,50,100,999の選択式
プレイリストに含める曲の上限
この辺はヘルプに書いてあるので省略
画像


このデーターベースを追加することで出来ること
KENWOODの対応カーオーディオでタグによる曲検索が出来るようになる
曲数が多い場合(500曲以上)でランダム時の次曲他読み込みがほんの少し早くなる

U575SDの場合
Playlists(プレイリストを作成した場合曲順に検索できる)
Artists(アーティスト名で検索)
Albums(アルバム名で検索)
SONG(曲名で検索)
Genres(ジャンルで検索)
で、このデータベースを追加すると本体機能のランダム再生のFolder Randomの挙動が少し変わり
Playlistsから検索した場合プレイリストにある全曲がランダムの選択対象で
Albumsから検索するとアルバム単位でランダム再生される
検索に使用されたタグをフォルダとみなしてランダム再生される。
Folder Repeatは使用できなくなるが
1フォルダ=1アルバムの管理の仕方なら
Albumsで検索して再生オプションが全てOFFの状態ならフォルダリピート再生になる

基本データベースを作成しないフォルダ管理で不便はなかったが
アーティスト名や、ジャンル名でランダム再生が出来るようになるのは嬉しい

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック