家族ゲームついに10巻突破…してから3ヶ月近く経過

いつもだったら発売と同時に買うのだけれど、すっかり忘れていて作者のウェブサイトで10巻発売を知って購入。
真言ちゃんのおへそがとってもセクシー(鈴城芹先生のDropwort Bell Castleへジャンプ)

電撃プレイステーションのおまけ4コマ漫画を見せてもらって
一目惚れの如く家族ゲームにハマって、以降欠かさず見ていたら本になるというので気がついていたら買っていて。
気がついたらもう10巻。

初期の頃のシンプルな面白さと色々な小ネタは、巻数が増え登場キャラクターが増えるにつれてやや分かりづらくなったものの
かわりにベタベタ甘々、やや危ない感じや交錯する恋愛模様が最近のこの作品の持ち味に。

登場時は気弱&グロゲー好き設定だった紫杏ちゃん
現在は紫杏の事が好きな男の子を女装させて過剰なスキンシップで喘がせる女の子になってしまった。
彼女はどこへ行こうとしているのだろうか?

何度も読み返して、小ネタを仕込んだ4コマのタイトルとか当時のゲーム機器事情とかを思い返せる
ラブコメゲーム4コマ『家族ゲーム』
次巻が楽しみです。


電撃4コマ コレクション 家族ゲーム (10) (電撃コミックスEX)
アスキー・メディアワークス
鈴城 芹

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 電撃4コマ コレクション 家族ゲーム (10) (電撃コミックスEX) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



こちらは1巻

家族ゲーム (Dengeki Comics EX―電撃4コマコレクション)
メディアワークス
鈴城 芹

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 家族ゲーム (Dengeki Comics EX―電撃4コマコレクション) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック