PCパーツレビュー03 電源 Corsair RM650編

・電源
Corsair RM650



Seasonic、Corsair、SilverStone、Antecあたりから
1万未満のを最初は見繕っていたけれど
使用コンデンサに105℃(耐久性あるよ!)と明記しているのは、1万円以上の電源ばかりだった。

初自作で裏配線するときにどの程度ケーブルの長さが必要かわからなかったので
ケーブルの長さが商品紹介ページに明記されていて、コンデンサが耐久性のあるもので
一つ下のランクよりケーブルが5~10cm長いことが決定理由かな?

電源も他のパーツ同様、安心度を求めてほんの少し良いやつを選択した結果がコレ。
…正直ケーブルは(通常のミドルタワーケースなら)5~10cm短くても大丈夫だったかな?

ケーブルは平らな形状で、柔らかすぎず堅すぎず。
今までのPC電源ケーブルに比べれば取り回しはしやすい方。
自作向けの電源を触ったことが無いのであまり参考にならないけれど
写真を見るともっと柔らかくて取り回しの良さそうなケーブルもあるんだよね。

フラットタイプなので裏配線に向いている…と素人ながらに思う。
おかげでSATAケーブルが2.5インチSSDマウンタの背面も通った!

プラグイン式(任意のケーブルだけを付けられる形式)は…よく分からないや。
裏配線にしてしまえばケース内にごちゃごちゃすることは無いと思っていたから
プラグイン式を狙って買ったわけじゃないけれど
これからの主流は…って感じで各社そろえている感じがする

音は静か…というか負荷率が40%以下だとファン回らないらしいから
グラボを変えない限りアイドル時なんかはほとんど回ってないんじゃないかな?。
軽いゲームだと、排気部に手を当てて…風が出てるかな?(超微風)程度

チーーーーーーーっていうようなコイル鳴きは…
静音ケースだから分かりにくいけれど今のところ無し。

BTOであまり電源を注視したことがなかったからレビューっぽくなってないや。
参考にならなくてゴメンよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック