PCパーツレビュー05 ケース編

購入したのはDefine R5 Titanium Window
某所でおすすめされてたり、レビューで10年使えるケースとして紹介されてたやつの窓付き版

メーカーを一通り調べるも、良いなと思えるケースは
大抵25000以上、3万円越えなんてのも…ちょっと自分には高すぎるね。
で、2万円以下の中から
デザイン重視のAeroCoolのDS200




安さと無難さでAntecのP100


Amazonアソシエイト by Antec Performance One P100 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



拡張性とメンテナンス性のFractal Design Define R5


の三つに絞る。
DS200が思っていたより背が高くて場所がとれそうにないのと
ラバー加工部分があるらしいので経年による加水分解(ベタベタ)が怖くて候補から落ちた。
AntecのP100は電源ボタン周りの作りに不安があるようなレビューがあったので
どちらも4~5年使う程度なら問題ない範囲なんだろうけれど
10年使うことを前提にDefine R5を選択。
…4~5年後ケースを買い換えていたら笑ってやってくださいな。

見た目の高級感はあるけれど作りが甘いってレビューをちょくちょく見るけれど
見て触った感じは…安物感はない
外は良いけれど、内部はバリが残っていたり…とかはない。
アラを探せばないわけじゃないけれど
値段を考えたら十分な作りだと思う。

自作初めてなのにケースの作りの善し悪しが分かるのかって?
メーカーやBTOばかりだったけれど、開けて整備すれば
「ここの作りが甘いな」とか「ここは便利だな」ってのぐらいは分かる。
逆に高級なケースは使ったことないから、ダメ>普通>良いは分かるけれど
良い>すごく良いは多分分からないと思うよ。

サイドの吸気部分と、前面フィルターの隙間の位置とか
前面USB端子や音声端子が上を向いてついているので埃が…とか
気になる部分がないわけではないが、100均で売ってる物で
十分カバーできる範囲かな?

HDD等の振動がケースに伝わらないようにゴムクッション付き。
本体も11.2kgで十分な重さがあるからビビリ音(内装や可動部が動くことで出る細かな振動音)が起きにくい。
静音
前面&底面フィルターが簡単に外せる位置にある。
増設クーラーの自由度が高い。
これで1万6千円で整備のしやすい、カスタマイズのできる静音ケースというのだから
決して高くはないと思う。
窓無しの方なら1万2~3千円で買えるしね。
(いまちょっと相場が上がっているけれど)

最初は「光学ドライブが蓋の中なんて不便じゃないのか」
と思ったけれど、最近は光学ドライブ使う頻度は確実に下がっているし
必要なら仮想ドライブと併用してメディアの切り替えすれば良いだけなんだから。

ただ、前面蓋は光学ドライブをよく使う人にとっては
やっぱり邪魔だろうし、サイドのエアインテーク(側面吸気口)のないコレは
がっつりとした冷却が必要な構成の人には向かないケースかもしれない。

…でもラジエーターや水冷もできるような構造にも出来る
というのが売りの一つだから、大丈夫なのか…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック