DiXiM Play for Windowsのレビュー

先日買った『DiXiM Play for Windows』は日本の録画番組の著作権保護機能である『DTCP-IP』を備えた『DLNA』対応アプリで、各社BD・DVD・HDDレコーダーに録画した番組を、LANあるいはインターネット経由で繋がったWindowsで再生するソフトウェアだ。

メニューのデザインがAndroid版やiOS版と異なっているのは、解像度や表示するモニターの大きさにより異なっているのが普通なので問題ない。

DiXiM Player for Windows_01.png

ただ画面の大きさに依存しないアイコンの配置で用が足りる再生画面において、『DiXiM Play Android版』とアイコンやUI(ユーザーインターフェイス)に結構な違いがあるため直感的に操作できず、戸惑ってしまう時がある。😞

DiXiM Player for Windows_02.png


上はWindows版再生時の操作画面、下はAndroid版(SS規制があるため写真にて)

DiXiM Player for Windows_03.png

「他の端末で使って便利だったからWindows(iOS、Android)にも導入しよう」と思った人を混乱させるのではなかろうか?😵

あとAndroid版やiOS版では標準機能である『番組持ち出し転送機能』が標準搭載されておらず、別途モジュールを導入する必要があるとのこと。

詳しくは以下『DiXiM Play Windows版ヘルプ – 録画番組を持ち出して再生する』をどうぞ。

https://support.digion.com/blog/dixim-play-win-help03/

DiXiM Player for Windows_04.png

設定や変更できる部分は以下の画像の通り。

DiXiM Player for Windows_05.png

スキップの時間を細かく変更したり、字幕、副音声に対応している点はなかなか良い。💡

だがAndroid版もWindows版も素早くスキップを繰り返すとその分だけ戻らない時がまれにあるなど、Media Link Player for DTVに比べると作りの甘さが見える。

再生速度を上げていると10秒スキップ戻しをしたはずなのに、2~3秒しか戻らない⁉ということがよくある。

新型コロナウイルス接触確認アプリじゃないが、ちゃんと実地でデバッグや動作テストしているのか怪しいところがちらほら見えるのは残念だ。😞

またWindows版に限らずライセンス1つにつき1台の端末にしか導入できないので、別の端末で使用しようと思ったらライセンス管理機能を使って機種変更の手続きをしなければならない。

Media Link Player for DTVは有料版を購入すれば、いくつかの端末で使い回せるからその点は良心的ではあった。😃

しかし売り上げが落ちてMedia Link Player for DTVの様にサービス終了(2021年8月31日以降新規インストールおよび再インストール不可)になるくらいだったら、1台1つのライセンスの方でサービス継続してくれる方を選びたい。

DiXiM Player for Windows_06.png

ウチの環境ではレコーダーもパソコンも有線LANで接続しているので、HD画質でも待たされず早戻し、早送り、スキップが出来ている。

だが無線LAN接続の環境だとレコーダー&パソコン双方にIEEE 802.11ac以上の速度で接続しないと、こまめに操作する場合などにはストレスを感じるかもしれない。

とにかく1分間はお試しで使えるので購入前に『再生・転送の対応機種かどうか』『自身の環境で希望する機能が動作するか』『操作にストレスを感じないか』などを調べてから購入することをお勧めする。


ちなみにウチの環境では指定されたモジュールを導入しても、使用していたレコーダーが対応機種ではなかったため番組持ち出し機能は使えなかった。😞

同じレコーダーに対して同様のアプリであるMedia Link Player for DTVDiXiM Play Android版では持ち出しできるのにWindows版で出来ないというのはやや釈然としない。

UIがWindows版とAndroid版で大きく異なっていること、持ち出しに関して微妙に動作対象機種が異なっていることを考えると、OS毎に実際にアプリを作った会社が別なのではなかろうか?

iOSとAndroidとWindowsではメインで使用するプログラム言語も違うだろうし。

Android版も少し前のバージョンアップで転送画面は縦画面のみ対応に劣化(※現在は横画面にも対応済み)したり、複数番組を選択して一括で持ち出し転送が出来なくなって手間が増えたうえ、番組を一つ転送予約する度にいちいち警告をはさむ仕様になったり等々、元々出来た物が新しいバージョンで出来なくなるとか大幅に使いづらくなるという改悪がなされた。😠

閑話休題。

DiXiM Player for Windows_07.png

Windows版は使い始めたばかりなので昔に比べて改善されたのか、改悪されているのかまではあずかり知らぬ所だが、自分の環境では取りあえず支障なく使えている。

ストアのレビューには「無料と書かれているのに、月額課金が必要」というレビューが数多くあり、それが原因で★2つの低評価となっているがアプリの説明に『お試しで1分だけ使用できライセンスは有料』だとしっかり明記してあるので…これは読まない人が悪いだけ。😞

ちなみに「AndoridやiOSでは無料で出来ることが…」という人もいるが、各レコーダーのメーカーが出している簡易版アプリを除いてDTCP-IPに対応したアプリは基本有料なので、レビューに嘘を書いてはいけない。

Microsoft Storeまでもレビューが正しく機能しない様になってしまったのは残念だ。


…なんか気難しいおっさんの独り言みたいなレビューになってしまった💦顔文字でも入れて誤魔化そう!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント