OsmAndの非公式日本語案内音声のtts版経過報告

最新ver4.0.0対応の英語音声を調べていたら、単語間のウェイトを今まで単語別に定義されていた物がスクリプトの中に格納されるようになった事に気づいた。
日本語もそれに倣うように各単語毎にウェイトを格納していたが、新しい方に合わせて修正し英語版スクリプト内の" "を"、"に書き換え日本語に合わせていくつかのウェイト部分を修正して新方式に準拠させた。
これにより『○○分』という時間を読む時、ついに『分』の前につく数字に応じて『ふん』『ぷん』と適切に読み分けられるようになった。😃
公式日本語音声は数字に応じて分岐させることでogg版でも適切に読み分けられるようになっていたが、やっとすこし近づけたように感じる。

拙作の日本語音声は多くの部分で公式日本語版より自然な日本語での案内が出来ると自負しているが、『分』の読み分けはずっと気になっていた。😞
OsmAnd開発者らも道路名やPOI名称などを読み上げることが出来るtts版を推奨しているし、公式日本語音声を作っている人が独力で実装した物をパクるつもりもないので私が作る物に関してはogg版でも読み分けできるよう改良する可能性は今のところ限りなく低い。
趣味と実益を兼ねてボランティアでやっているだけだしね。🎵

また以前のスクリプト_config.pではなくja_tts.jsからoggファイルを読み込んで再生できるようにもなったが、on、onto、toward周りの方は英語版でも正しく読み上げるようになっていない様なので、更新する前にそれを修正してからにしたい。
だが_config.pの頃と違ってoggとttsの読み分け分岐方法が分からないんだよね。

一番簡単なのはogg版のon、onto、towardの各ファイルを無音声に差し替える事なんだけれど…スマートではない気がして実行に踏み切れない。
それらのファイルは元々道路名を読み上げる機能のないogg版は使うことのない音声だから書き換えても良いんだろうけれど…。

もうちょっとja_tts.jsと格闘して、無理そうなら差し替えで対応するつもり。





"OsmAndの非公式日本語案内音声のtts版経過報告" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。