Windows7 64bitとフリーソフトのRAMディスク

ERAMの64bitパッチ版が署名無しで使用できず
署名パッチも上手くいかなかったので
Windows7の64bitに正式対応している
Dataram RAMDisk
BUFFALO RAMDISK ユーティリティー
をダウンロードしてきてテスト

Dataram は作成できるのは4GBまで(フリーソフト版)、RAMディスク内のバックアップ可能
FAT16とFAT32とUnformatted(未フォーマット)を選択可能、英語

BUFFALO は「32bitで管理領域外を使用するときはBUFFALOのメモリを使ってね」仕様
64bit環境ならドライブ容量に制限無し、RAMディスク内のバックアップ可能
FAT32固定、ドライブレターは任意に設定可能
Internet ExplorerとFirefoxのキャッシュフォルダ設定のおまけ付き、日本語

Dataramは標準だとドライブレターの固定が出来ないが
未フォーマット>管理ツールでフォーマット>そのイメージを保存
>起動時にRAMディスクイメージを読み込み
という手順をとることでドライブレター固定と
NTFSフォーマットのRAMディスクが作成可能
詳しいやり方は以下の記事を参考にどうぞ。
http://answertaker.com/hardware/virtual-drive/dataram-ramdisk.html

EaseUS Todo Backup Free 4.0でエマージェンシーディスクを作る際
参照していたTEMP(一時ファイル作成場所)のファイルシステムがNTFSでないと
作成に失敗するのでRAMディスクもNTFSがいいかなと思ったのだが…
DataramでRAMディスクを作成して
800MB程度のRAMディスクイメージ(中身はTempフォルダのみ NTFS圧縮で1MB強)
を読み込むときは気にならなかったのだが
4GBに増やすと(同上 NTFS圧縮で1.9MB)起動までの時間が7~8秒のびる
(Intel Core i5 2500/メモリ 12GB/起動ドライブSSD環境にて)
しかもシステムから確認できる実装メモリ(12GB)の使用可能領域が
RAMディスク使用分(4GB)減らないので、ページファイルがメモリ分だけ要求される
起動ドライブが64GB SSDなので12GBのページファイルを作られるときつい。

せっかく早く起動するのをドライブレター固定の為に遅くするのは悔しい。
SSDの空き容量も出来るだけ確保したい。
だからRAMディスクのNTFS化は諦める。

BUFFALO で同様に4GBのRAMディスクを作ってバックアップするに設定すると
起動時に同じように読み込むのでやはり10秒強起動時間がのびる。
ちなみにRAMディスクイメージに圧縮は設定されていない模様。
が目的はドライブレターの固定のみになったのでバックアップしないに設定。
これなら起動速度が遅くなることもなく簡単にドライブレターが固定。
あとDataramと違い実装メモリからRAMディスク分(4GB)だけ使用量を引いてくれるので
メモリの使用可能領域が減り、ページファイルもその分(4GB)縮小
4GBページファイルサイズが小さくなってくれたのが嬉しい。

どうしてもRAMディスクでNTFSフォーマットを使いたい人で無い限り
Windows7 64bit環境ならBUFFALO RAMDISK ユーティリティーのほうが
オススメなんじゃないかと思い始めてちょこちょこ調べると
インストールしたドライブに延々とログファイルを書き込み肥大させるという
とんでも仕様が発覚。
調べてみたらC:\ユーザー\パブリック(C:\Users\Public)に
BRDUtilTrayLog.txtという196MBのテキストログファイルが出来てた(笑)

以下の方法で解消可能。
タスクトレイからBUFFALO RAMDISK ユーティリティを一旦終了させ
インストールフォルダ(デフォルトでC:\Program Files\BUFFALO\BFRD4G)内の
BRDUtil.ini
BRDUtilTray.ini
二つのファイルを管理者ユーザなら任意のエディタ(メモ帳とか)で
そうでないならメモ帳やエディタを管理者モードで起動して
Level=9となっている部分を
Level=0と変更し再起動することでログファイルの肥大を防げるとのこと。
再起動後C:\ユーザー\パブリックのBRDUtilLog.txtとBRDUtilTrayLog.txtを削除して終了。

・おまけ
レジストリエディタで
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\BFRD4G\Parameters
のImageFileDriveの値を変更することでRAMドライブのバックアップ保存先の変更も可能らしい

あと本来無制限のハズの64bit環境で256MBしか設定できないとの書き込みもチラホラ。
『Windows7 64bit RAMディスク』で検索するとDataramばかりが上位になるのは
そういった理由があるのかも。

自分の環境では上手く動いてくれたのでBUFFALOのRAMディスクを採用

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック