幻想水滸伝のスタッフが集結!新作RPG『百英雄伝』に期待!

『百英雄伝』は見た目はOCTOPATH TRAVELERの様な3Dと2Dドットキャラが融合した、懐かしさを感じるJRPG。
100人もの仲間キャラクターが登場し、拠点を成長させたり、釣りや料理などのミニゲームが搭載予定で…幻想水滸伝じゃねーか!

どう見ても幻想水滸伝です。ありがとうございます!

スタッフは
村山吉隆 氏(幻想水滸伝I~IIIとアライアンス・アライブのシナリオの人)
河野純子 氏(幻想水滸伝IとIVのキャラデザの人)
小牟田修 氏(幻想水滸伝ティアクライスやRhapsodia~ラプソディア~のシステムデザインした人)
村上純一 氏(Castlevania 暁月の円舞などを担当したアートディレクション担当)

他に音楽担当として
桜庭統 氏(テイルズシリーズやスターオーシャンシリーズ担当で有名)
なるけみちこ 氏(ワイルドアームズシリーズで有名)
が参加するとのこと。

個人的に幻想水滸伝のIとIIがものすごく好きなこともあるけれど、ゲームを盛り上げる曲を同じく好きな2人が担当してくれるということで
自分のなかでは『約束された勝利の神ゲー』の予感しかしない。

日本語の解説ページを見ると手数料とグッズの製作費&発送費用で、集まった5~6割ぐらいのお金が飛んでいくそうだから
ゴールに設定した50万ドル(5000万円強)だと、ゲーム製作に使えるのは最悪だと2000万円ぐらいとのことらしい。
でも7/28に開始して7/30現在230万ドル(2億4000万円)集まっているから、最悪の6割減でも1億弱…ゲーム製作の足し以上にはなっているはず。

ゴール達成済み.png

『百英雄伝』は、まだお金が集まってプロジェクトの開始にゴーサインが出たばかりで、
今となっては3Dよりつくるのも面倒くさい2Dドットキャラクターをゴリゴリ動かすみたいだから、2年半近く待たされるのは覚悟の上。
真女神転生5やメタルマックス3を待っていたのに比べれば2022年10月完成予定なんてあっという間だと思う。

最低4000円から支援できて、ダウンロード版のゲーム本編が付いてくるから
幻想水滸伝ファン(とくにI・IIが好きな人)には応援して欲しい。

ただ支援にJCBのカードが使えないので、VISAやMasterCardかそれらのデビットカードを使うといいかも?

詳細はIGNの特集インタビュー記事や、Kickstarterのプロジェクトページ(日本語ページも有り)各サイトで。



チラシの裏

初めてのクラウドファンディング参加は『Indivisible』っていうヴァルキリープロファイルをリスペクトしたアクションRPGになる予定だったんだけれど、
当時公開されていた体験版をプレイしてみたら「これは期待していたのと違う…」と参加と支援を止めた経緯がある。
実際期間内にゴールに設定されていた金額まで届かず、勢いを感じられなかったことで参加しなくて良かったなと思っている。
あとキャラクターに『萌え』も『燃え』も『中二病(呪文詠唱とか)』も感じられなかったのも止めた理由の一つ。
まぁなんだかんだで無事発売されたし、いつかプレイはしてみたいと思っている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント